読んでみた

スポンサーリンク
読んでみた

【個人にとっての最善の道は、家計を守ること】『「世帯分離」で家計を守る 社会保障費を節約する方法[改訂版]』 太田哲二・著

こんにちは、かずしいです。 本日紹介したいのは、 『「世帯分離」で家計を守る 社会保障費を節約する方法[改訂版]』(太田哲二・著、中央経済社) だ。2013年に出版された本の、改訂版になる。 この本の主旨は、タイト...
読んでみた

【“しごととあそびと生活が一体化”した、現代の狩猟民族的商い】『k.m.p.の金もーけプロジェクト。』

こんにちは、かずしいです。 先日、図書館でなんとなく目に止まって、『k.m.p.の金もーけプロジェクト。』(ムラマツ エリコ、なかがわ みどり・著)を借りた。 真っ赤な表紙が、かわいい。 「k.m.p.」は「金(...
読んでみた

【良質な“物語”に触れる喜び】無職『グイン・サーガ』に手を出す。

こんにちは、かずしいです。 最近、『グイン・サーガ』を読み始めた。 有名な作品なのでご存知の方も多いと思うが、栗本薫先生によるヒロイック・ファンタジー小説である。未完のまま作者が亡くなった後も、他の作家によって書き継が...
読んでみた

【著者の生い立ちが勇気を与えてくれる】『FIRE 最強の早期リタイア術』(クリスティー・シェン、ブライス・リャン著)

こんにちは、かずしいです。 今日紹介する本は、FIREやセミリタイアに興味がある人たちには、有名な一冊だ。 『FIRE 最強の早期リタイア術』(クリスティー・シェン、ブライス・リャン著、ダイヤモンド社) メインの著者であ...
読んでみた

【投資の最適解の一つ】『父が娘に伝える自由にいきるための30の投資の教え』ジェイエル・コリンズ

こんにちは、かずしいです。 1年以上前に読んだ書籍だが、良い本だなーっと思っていたので、レビューしておく。 有名な投資ブロガーさんも取り上げている本なので、ご存知の方も多いだろう。 米国人の個人投資家ジェイエル・コリンズ...
健康・美容

【糖質制限に興味がある人へ】『食品別糖質量ハンドブック』(監修・江部康二、宝島社)

こんにちは、かずしいです。 最近、ロカボを始めたため、糖質制限について調べている。 糖質制限といっても、ロカボの場合は、 糖質を一食あたり20〜40g+間食10g、1日70〜140g以内 にする食事法なので、 ...
読んでみた

【正しいリスクのとり方】『マネーの公理 スイスの銀行家に学ぶ儲けのルール』マックス・ギュンター著

こんにちは、かずしいです。 わたしは2021年2月現在、小粒資産でセミリタイア中である。 資産運用するにおいて、自分なりに書籍を読み漁った。 わたしには、企業の決算書を読み込んで業績を評価し、値上がりする株を見つける、な...
読んでみた

「内向型」はセミリタイア向きかも『内向型人間の時代』スーザン・ケイン著を読んで。

こんにちは、かずしいです。 『内向型人間の時代』(スーザン・ケイン著、講談社、2013)を読んだ。 本著では、フットボール選手とチアリーダーが理想的な人物像(とわたしがハリウッド映画を観ると感じる)である、アメリカ合衆国という...
読んでみた

【今の非常識は未来の常識】『隷属なき道 AIとの競争に勝つ ベーシックインカムと一日三時間労働』ルトガー・ブレイグマン

こんにちは、かずしいです。 『隷属なき道 AIとの競争に勝つ ベーシックインカムと一日三時間労働』ルトガー・ブレイグマン著(文藝春秋、2017) を読んだ。 著者であるルトガー・ブラグマンさんは、1988年、オランダ出身...
読んでみた

【4割の仕事は無駄】『ブルシット・ジョブ クソどうでもいい仕事の理論』デヴィット・グレーバー

こんにちは、かずしいです。 『負債論』の著者である文化人類学者、デヴィット・グレーバー氏の著書、 『ブルシット・ジョブ クソどうでもいい仕事の理論』(岩波書店、2020) を読んだ。 著者の調査では、アメリカや西欧諸国な...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました