適応障害になった30代中年が1年間ウォーキングを続けたら

2019年3月、わたしは3年間勤めた総合病院を退職した。

退職願いを上司から受取拒否され、4ヶ月くらいすったもんだした挙句、

その間にインフルエンザや腸炎に罹り、体力・気力を奪われて、

適応障害を発症。その診断書を提出して、やっと退職することができた。

退職後も、食欲不振、体の冷え、倦怠感などに悩まされており、

昼間も起き上がれない状態が続いていた。

このままではヤバイ、動けなくなってしまう!

危機感を覚えたわたしは、とにかく体を動かそうと思い立った。

そして、ほぼ毎日、30分から1時間程度のウォーキングを行うようになった。

1ヶ月くらい継続した結果、徐々に、

・体の冷え、倦怠感の改善

・夜間、熟睡できるようになる

・食欲回復

・漠然とした不安感、焦燥感の減少

といった効果を感じるようになった。

適応障害については、退職後も数回通院したが、カウンセリングのみで薬は使用せずに、回復した。

以来現在に至るまで、ほぼ毎日3キロ〜5キロ程度のウォーキングを続けている。

ちなみにわたしは、運動神経が死滅しているタイプの人間だ。

学生時代は、体育の時間や運動会が苦痛だったし、

部活も、中学はなんちゃって美術部、高校は帰宅部である。

(部活の場合は、集団行動や、放課後・休日も参加しなくてはいけないことも無理だった)

しかし、ウォーキングを続けてみて、体と心が楽になり、

もしかして、自分は体育の時間や部活がキライだったのであって、

運動自体はキライじゃなかったのかもしれない、と思うようになった。

ウォーキングを続けてしばらくして、

『脳を鍛えるには運動しかない! 最新科学でわかった脳細胞の増やし方』

を読み、わたしがウィーキングをして感じた心身の変化には、

科学的根拠があったんだなと思った。

この本は、運動が脳と体ももたらす効用と、具体的な運動方法を、

科学的根拠に基いて解説してくれている。

わたしのように、

・運動神経が悪い(もしくは死滅している)

・体育の時間や運動会が苦痛だった

・部活は文化部or帰宅部

・根性論が大キライ

・デリカシーのない脳筋体育教師が大キライ(そんなタイプの先生も今は減ってきていると思うが)

といったタイプの人間に、かなり刺さる内容となっている。

読むと、うっかり運動したくなるかもしれない。

コメント

タイトルとURLをコピーしました