貧乏人は節約できない。

こんにちは、かずしいです。

大晦日に、一人暮らしをしている弟が帰って来た。

弟は、スマホのキャリアはドコモで、月1万円くらい通信料を払っているらしい。

(本体費用は、とっくに払い済みなので、通信料のみでw)

今年3月から、ドコモで月2980円のahamo(アハモ)プランが始まるし、

楽天モバイルなら今は1年間料金無料なので、変えたら? という話をしたら、

何それ?? という返答だった。

お前、月1万もスマホ料金払っとるのに、知らないんかい! 

と思ったが、弟の労働環境を考えれば無理からぬことだ。

弟は、工場で2交代制で働いている。

年末は忙しくて、週6日勤務だったそうな・・・・・・。

そんなに働いたらいていたら、帰ったら、

飯を食って、風呂入って、Youtubeを観て、寝る

くらいしかできない。

「スマホ料金高いから、プラン変更しようかな? どこがいいか調べよっと」

なんていう余裕はないし、調べても変更の手続きをする時間も余力もない。

結果、割高なサービスを、ずるずる使い続ける。

そのため生活コストが高く、金がない。

だから金を稼ぐために、労働時間が長くなる。

労働時間が長いから、安いサービスを検討したり、乗り換える時間がない。

結果、割高なサービスを(以下、無限ループ)

ということで、働けど働けど我が暮らし楽にならず状態になる。

それとは逆に、ある程度資産がある人は、労働時間や量を調節することができる。

時間的、精神的余裕があるので、よりお得なサービスを比較検討し、変更することができる。

そして、ますます生活コストが下がり、ますます豊かになっていく。

皮肉な話だが、資産があり、生活に余裕がある人の方が、節約しやすいのだ。

ホームレス支援を行っている「自立生活サポートセンター・もやい」の設立者で元事務局長の、湯浅誠さんが、以前著作のなかで、ある支援者さんの言葉を取り上げていた。

その方曰く、「貧乏には金がかかる」

名言だなあ、と読んだ時に思ったことを、今回、弟とスマホ料金について話していて、思い出した。

コメント

タイトルとURLをコピーしました