花壇で育てた春菊をもりもり食べています

こんにちは、かずしいです。

昨年10月に、花壇に春菊の種を蒔きました。

2021年10月、双葉が出たところ

冬場なので、成長がゆっくりで、11月後半くらいから食べられるようになり、冬の間よく鍋にして食べてしました。

関連記事:【鍋の具材になるまで後少し】秋だと、春よりも春菊の成長がゆっくりだと感じます。

そして、年が明けて3月に入って今でも、まだまだ食べています 😂

適当な土に植えて、手入れもほぼしていないのですが、立派に育ってくれました。

2022年3月現在

最近は、サラダにして食べることが多いです。

スーパーなどで売っている春菊は、しっかり育って茎が固いものが多いですが、自家製の春菊なので、茎が柔らかいうちに採って使うことができ、生で食べても美味しいです。

摘んだ春菊に、トマトと新玉ねぎ、焼いた油揚げと鰹節、リンゴとナッツなどを加え、オリーブオイルとレモン汁、塩などで、適当に味付けするだけ。

油揚げと鰹節

簡単&美味しいです。

暖かくなってきてから、脇芽がどんどん生えてくるので、柔らかいうちにどんどん摘んで、どんどん食べてます。

もう少し暖かくなると、花が咲いて固くなってしまうので、今のうちにありがたくいただきたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました