自営業や無職にイラつくのは、憧れているから

病院というところは、老若貧富、ありとあらゆる種類の人間が集まる。

腕にびっしりタトゥーが入ったお兄さん、上品な身なりの奥様、外国人実習生、

赤ちゃん連れのお母さん、ヨボヨボのおじいさんといった、

生活圏が明らかに違いそうな人たちが、

待合室で並んで座り、順番を待っている光景は、正にカオス。

わたしも看護師として、そうした様々な人と日々接している。

わたしは、あまり患者さん個人に対して、好意や嫌悪を抱くことはない。

しかし、こっちも人間なので、病棟勤務だったときも、今の職場でも、

イラつく患者さんもいる。(もちろん、仕事なので、態度を変えることはない)

そういう患者さんたちは、年齢や性別は色々なのだが、高確率で、

自営業 or 無職 

であることに、気がついた。(病棟勤務だったときに)

完全に独断と偏見だし、個々人の事情や背景が違うことを承知で、あえて端的に言う。

自営業や無職の人は、自分最優先、ゴーイング・マイ・ウェイ人間だ。

最近あった、自営業・無職の患者さんからの、無慈悲な言動は以下の通り。

 「しばらく来れないから、薬多めに出しといて」(保険診療では無理です)

 「この後予定あるから、早めに診てよ」(VIPかよ)

 わたし「○△さん、診察室へどうぞ〜」・・・・・・シーン

 → スタッフに何も言わずに、待合を抜け出し買い物へ行っていた。(まじで勘弁してくれ)

 「この症状って、✕□だと思うんで、薬ください」(ひとまず診察をうけろ)

 「ついでに、こことここと、ここも診てください」(ついでってなんだ)

 「先生、最近儲かってる? 俺のところは全然だめ。バブルの頃は良かったよ〜

 (以下、長い昔語り)」(待合室、混み混みだっただろ。あなたの後にも患者はいるぞ)

こんな感じの対応をされると、当然、診察の流れが滞る。

後に待っている患者さんの診察も遅くなる。

医師も、特に患者さんが立て込んでると、イライラし始めるし、

そのイライラは看護師へぶつけられる。(八つ当たりだよ!)

しかし、自営業・無職の患者さんたちは、そんなことは念頭にない。

自分の欲求が最優先なのだ。

これは、自営業・無職の人たちは、普段、仕事のために演技する必要がないからだと思う。

勤め人は、その職業に求めらる人格を演じることが求められる。

それは賃金をもらう上で、仕方がないことだ。しかし、1日8時間労働だとしても、

1日の3分の1も自分として生きられないというのは、相当ストレスが溜まる。

しかし、自営業・無職は、1年365日、自分自身でいられる。

自分の欲求を最優先して、何の問題があるだろうか。

というわけで、そんなフリーダムな方たちの言動で振り回せれるのは、

仕事上の人格を演じるしかない、わたしのような弱小な賃金労働者である。

まさか勤務中に、彼らに対して

「調子こいてんじゃねえ」

と往復ビンタを食らわせるわけにいかない。(即クビだし、傷害罪で逮捕は嫌だ)

彼らの言動に、イラつく背景には、

わたしは、賃金のためのこんなに自分を殺して我慢しているのに、テメーらを自由に生きやがって

という、逆恨みの感情がある。

そしてそれは、

わたしもこの人たちのように、いつでも自分自身でいたい

という、憧憬の裏返しでもある。(別に、病院や店で横柄な態度を取りたいわけではないが)

結局わたしは、自営業や無職の人に憧れながら、そうなれない自分への苛立ちを、

彼らに投影しているのだろう。

彼らを逆恨みするより、自分がそんな状態になれるように、エネルギーを使う方が、

遥かに建設的だ。

というわけで、そのエネルギーを有効利用し、一刻も早くセミリタイアするしかないのである。

(結論)

コメント

タイトルとURLをコピーしました