緊急事態宣言を2週間延長したが、素人が考えても感染状況は変わらんと思う。

こんにちは、かずしいです。

去る3月5日、菅さんは1都3県で、3月7日に解除予定だった緊急事態宣言延長を決定した。

3月21日まで延長するらしい。

わたしは、感染症については、ずぶの素人だ。

だが、素人が考えても、感染状況は良くてなんの変化もないだろう。

3月後半になると、春休みに入ったり、気温が高くなることで外出が増えたりする。

コロナウイルス自体の性質から考えても、これから夏に向けて感染拡大する。

そうしたことを留意すれば、2週間後に悪化している公算が大きい、とさえ思う。

そしてそう思う一番の理由は、

対策の内容がほとんど同じだから

の一言に尽きる。

相変わらず、飲食店の時短営業要請と、国民への不要不急の外出・感染対策のお願い、がメイン。

同じことをしていれば、同じ結果しか得られないのは、当たり前。

3月末までに、3万の高齢者施設で検査を実施するそうだが。

それって、去年の夏頃に専門家会議から提言されていたような気が。

やらないよりましだが、遅すぎやしませんか?

というか、高齢者施設だけ検査しても、全然足りない。

無症状者が感染を広げているのだから、国民全数検査を行う以外に、効果的な選択肢はないだろう。

現状では、保健所の業務削減のため、東京都では濃厚接触者の検査を行わなくなっている。

検査数を逆に減らしてどうするんだ・・・。

本末転倒じゃね?

新型コロナの感染者が国内で確認されてから、初期の頃は、

政府は全数検査は必要ない、という方針を示し、マスコミも盛んにそれを擁護してきた。

曰く、全数検査して感染者が増えれば、病床が逼迫する、とか

曰く、検査に莫大な予算がかかる、とか

(今では、民間で数千円で受けられるけど。

というか、GoToに1兆円も予算つけるなら、検査に回せば良かったのに)

それって、本末転倒じゃね??(2回目)

韓国や中国、台湾、ニュージーランドなど、感染の封じ込めに成功している国を見れば、

検査数を増やして無症状の感染者を把握し、隔離することが必要不可欠であることは、

アホでもわかると思う。

このまま科学的な対策もなしに、ずるずる緊急事態宣言を繰り返せば、

ますます人心は荒み、経済は悪化し、生活困窮者や自殺者が増えるだろう。

そして当然、感染拡大も止まらず、命を落としたり健康を害する人も減らせない。

無職のわたしとしては、世の中の勤労者には、健康かつ幸せでいて欲しいのに。

菅さんも、(完全に身から出た錆とはいえ)息子さんとその他の接待の件の対応に大変だろう。

でも、新型コロナに対しても、いい加減に科学的根拠に基づく、効果的な対策を行って欲しい。

どんなに遅くても、今からやらないよりはマシである。

コメント

タイトルとURLをコピーしました