私が電子書籍を使わない理由

こんにちは、かずしいです。

私は読書が好きだ。

自分で買うのは、紙媒体の本、漫画。

電子書籍は、持っていない。

その理由は、ページを一枚一枚めくる感覚が好きだから・・・・、

などといった情緒的なものではない。

理由は、電子書籍は、読んだ後中古として売れないから

である。

電子書籍は、紙の書籍より優れている点が多い。

文庫本ほどの重量に、何百、何千冊もの本を入れて持ち運べるし、

紙の本のように場所はとらないし、日焼けや劣化もしない。

本棚を置くスペースを節約できるし、本棚を掃除する手間もかからない。

地震のときに、本棚に押しつぶされて圧死する心配もない、と利点だらけだ。

私だってお金があれば、電子書籍ですべての本を購入する。

しかし、電子書籍には、唯一の難点がある。

読み終わった本を中古として売れないことだ。

貧乏セミリタイアをしている身としては、読み終わって、もう読むことがない本は、

売って少しでもお金にしたい。

電子版が、紙より圧倒的に安ければ、電子書籍に変えるが、

現状、紙版と価格は大差ない。

それなら、紙の本を買って、きれいな内に中古で売る方が、今の私には合っている。

もしも億万長者になったら、32GBのKindle買って、電子書籍を好きなだけ買いまくる!

それが、私が現状考える、もっとも贅沢なお金の使い道である。

コメント

タイトルとURLをコピーしました