看護師は年収が高い(とは言い切れない)

こんにちは、かずしいです。

わたしは30過ぎで看護師資格を取得し、総合病院の正規職員として3年間勤務した。

今はパート看護師をしている。(来年1月でそこも辞めるけど)

世間では、看護師は年収が高い、と言われている。

資格職であり、供給が足りていないため、確かに比較的職には就きやすい。

わたしのようなボンクラ中年でも、就職先があるくらいだ。

しかし、年収が高いか? というと、実はそう簡単には言い切れない。

まず、年収が高いといっても、あくまで女性労働者内で比較した場合ということ。

国税庁の「平成30年度分民間給与実態統計調査」によると、

平均年収(男女計):441万円

男性の平均年収:545万円

女性の平均年収:293万円

正規職員看護師の平均年収は、厚生労働省の「令和元年賃金構基本造統計調査」や、日本看護協会の「2019年病院看護実態調査」によると、

看護師(女性看護師のみ)の平均年収:483万円

これだけみると、女性の平均年収よりは明らかに高い。

また、男性の平均年収には届かないものの、男女計の平均年収を上回っている。

世の親御さんが高校の先生が、女の子に、「看護師になっとけば、食うのに困らないよ」と言うのもうなずける。

しかし! 忘れてはいけない事実が一つ。

看護師の平均年収は、「夜勤手当」がかなりの部分を占めるのだ。

2019年病院看護実態調査(日本看護協会)のデータから、夜勤手当の平均額を計算すると、

看護師の月給のうち3.5〜5万円は夜勤で稼いでいる。

出典:【2020年版】看護師の平均年収483万円!給料・ボーナスを大調査(看護roo! 2020/4/22)

つまり、年収のうち40万〜60万円は、夜勤をすることが前提なのだ。

夜勤経験のある看護師さんならわかると思うが、夜勤は看護師の配置人数が少ない。

わたしの勤めていた病棟では、患者30〜35人程度に対して、夜勤看護師は3人。

一人あたり10人以上の患者を受け持つ。

患者さんが寝ていて、日中よりやることが少ないから?

もちろん、んなわけない。

患者さんは治療や手術のために入院しているだから、夜間であっても、

血圧や体温、呼吸状態などの測定・観察、容態の確認

装着している医療機器の作動確認、操作

ドレーンなどを入れている患者さんには排液の性状や量のチェック

点滴のチェック・交換

たんの吸引

寝たきりの患者さんの体位変換、おむつ交換、

高齢や認知症の患者さんのトイレ誘導

その合間を縫って、看護記録の入力

採血、血糖測定

内服薬の確認、準備、服薬介助

介護が必要な患者さんへの朝食の食事介助

などなど、仕事はしこたまある。

そして、認知症の患者さんが不穏になったり、高齢の患者さんが転倒したり、容態が急変するのは、大抵夜勤の時間帯なのだ。

それに加えて、救急搬送などで緊急入院があれば、少ない夜勤の人員を割いて入院の対応をする。

わたしも、3年間夜勤をやったが、夜勤の前には、

“今日はトラブルなく終わりますように”

と毎回、神に祈っていた。

(その祈りは、大抵聞き届けられない・笑)

もちろん、他の患者さんへの看護も同時進行。

患者さんの命に関わる業務だし、緊張も強いられる。

それを、人間が本来寝ている時間帯である、夜間に行うのだ。

人体の生理に反しているため、身体的負担も大きい。

一回夜勤をやると、寿命がいくらか短くなった感覚を味わえる(笑)

勤務している病院によって多少の違いはあると思うが、総合病院の夜勤は、ほぼほぼ似たようなものだ。

こうした夜勤を行うことが前提で、やっともらえる年収が483万円。

男性の平均年収、545万円には、遠く及ばない。

ま、そういうことだ。

少なくとも、

「看護師って稼げるんでしょ、いいよね〜」

とか何も知らずにぬかしている輩がいたら、ロードローラーで轢いて良し。

法的にも許される。

コメント

タイトルとURLをコピーしました