看護実習が辛い学生さんへ

看護実習が辛い学生さんへ、一応先人として言いたいことは、

その日実習先に到着したら、合格! 

ということだ。

わたしは実習中、実習先に到着したら、「今日の実習は合格、終了!」 と自分に合格を出していた。

その後、実習中に失敗しようが叱られようが、実習先に着けただけで合格なのだ。

看護学校といえば、実習は避けては通れない。

わたしが行っていた学校は、実習中の寄校日は一日もなく、実習期間中は月〜金までぶっ通しで実習だった。

実習中は、病態や治療の学習、看護計画の立案、日々の記録、ケアの手技の確認、患者指導のための資料づくりなど、やることが多い。

しかも記録は全部手書き。手間がかかる。

慣れない病棟で緊張を強いられるし、担当教員やその日の指導看護師とソリが合わないと、数倍疲弊する。

わたしはというと、一応社会人だったし、それなりに上手いことやっていた。

なんてことは全くなかった。

指導看護師から態度がでかいと注意されたり(わたしの頷きが方が気に障ったらしい)、報告が遅いと叱られたりしていた。

めんどくせえなあと思ったが、実習を休むと後で追実習があり、更にめんどくせえので、なんとか行った。

アラサーのわたしでもめんどいのだから、現役で看護学生になった20歳そこそこの同級生たちは大変だったと思う。

その中には、実習中に体調を崩して通えなくなり、留年した子もいた。

実習中の学生さんの悩みで多いのは、人間関係の悩みだろう。

幸いわたしは、実習グループのメンバーには恵まれていた。

しかし指導看護師には、学生を無視したり、感情的にけなしたり、単に厳しいというより、人としてどうなん? という態度を学生にとる看護師も散見していた(もちろん、そうでない看護師さんもいる)

自分が看護師になってみて、業務で忙しいことはわかるし、学生指導がめんどくさいのもわかるが、そんなことされた病院には学生も就職したくないだろう。

結果、人手不足になって、ますますスタッフ一人あたりの業務が増える。

自分の首を締めていると思うのだが。

とにかく看護学校は、看護師免許を取るための学校である。

実習の評価がギリギリだろうが優秀だろうが、試験資格を手に入れれば同じこと。

免許が取れれば、働き口はいくらでもある。

実習で過度に疲弊しては元の子もない。

実習先に到着できたら自分で合格を出し、後はおまけくらいの気構えで臨めばいいと思う。

コメント

タイトルとURLをコピーしました