東日本大震災から10年

こんにちは、かずしいです。

本日3月11日で、東日本大震災から10年経った。

わたしは普段、祝日にも記念日にも、自分の誕生日にも興味がない。

でも、そんなわたしでさえ、今日はあの震災には思いを馳せないわけにはいかない。

わたしは被災地にいたわけではないが、地面がバイキング(遊園地のアトラクション)

のように揺れ、思わず外に出て、これが現実に起きていることなのか確かめたことを思い出す。

その後の津波発生と、福島原発のメルトダウン。

わたしの住む地域では、輪番停電が実施された。

被災地の方々とは比べるべくもないが、震災で日常生活に影響を受けた。

自分たちの日常が、薄氷を踏むような危ういものだったことを思い知った。

あれから10年経っても、福島原発の廃炉は、全く進んでいない。

同じく解決の見通しのない、除染や汚染水、帰宅困難地域の問題。

10年前の3月11日に起きた危機は、現在進行系で継続中だと思う。

政府は、去年実施予定だった東京オリンピックを、「復興五輪」と銘打っていた。

東日本大震災と福島原発事故の解決の区切りとしようとしていたようだが・・・・・。

全然解決していない現実を無視して、形だけ終わらせようとしているように感じる。

人間の暦で10年経とうが、20年経とうが、少なくとも廃炉が完了するまでは、

終わりにすることなんてできないだろう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました