7月23日東京五輪開会式、地獄の蓋が開くまで、後2週間

こんにちは、かずしいです。

東京都の感染拡大を受けて、来週月曜12日から、8月22日まで、「緊急事態宣言」が決定した。

そして、東京五輪の開会式は、7月23日

「緊急事態宣言」中でも、東京五輪は開催するそうだ。

狂ってんのか??

厚生労働省のアドバイザリボードの感染者数シミュレーションを見ても、感染者は今まさに増え始めたばかり。

夏に感染者が増えるという新型コロナウイスルのもつ季節性要因、

デルタ株の広がり、

そこに東京五輪という、万単位の人が関わる国際的な巨大イベントを追加したら、どうなるか・・・。

私が見ても、これから感染爆発が起こることが予測できる。

私でさえわかることが、なぜ分科会や医系技官といった専門家の方々、菅さん、自公のお歴々にはわからないのか?

それとも、わかっていて、無視しているのか?

コロナに打ち勝った感を演出するために?

現実は、完敗しているのに?

本当に謎。

今回の「緊急事態宣言」には、もはや初回のときのように、感染を抑える力はないだろう。

やっていることは、バカの一つ覚えのように、飲食店への締め付けだけだから。

飲食店での感染は、パーセンテージとしては自宅や会社・学校よりはるかに低いのに。

加えて、現状の水際対策やバブル方式は、ざるどころか枠なので、選手村でも海外メディアも、ボランティア、スタッフ間でも、必ず感染が起こり、拡大する。

そもそも、コロナは空気感染するので、バブル方式自体が机上の空論。

連休やお盆、夏休みで人流が増加する中、一般の日本人にも、当然感染拡大するだろう。

・・・・・・・怖っ

後、たった2週間で、地獄の蓋が開く。

いや、外国人選手や報道陣が次々来日し、首都圏の人出も増加している現在、もう開いていると考えて、間違いない。

それがわかっているのに、何もできない自分の無力さが不甲斐ない。

ここ1年の菅政権の動向を見ていると、何があっても、菅さんは国民を救う気はないだろう。

健康面でも、経済面でも。

せめて、これから夏以降、首都圏に行かない、感染対策をする、人混みを避ける。

そんな、ささやかな自衛手段を取るしかない。

そして、せめて、パンデミックの中開催される、狂気のオリンピックが何をもたらすのか、政府やマスコミの戯言に惑わされず、受け止めることしかできない。

本当に、今からでも中止してほしい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました