整理整頓の前に、モノを減らさないと、家は片付かない

こんにちは、かずしいです。

最近、家を片付けたい欲求が高まってきて、連日ちょこちょこ不用品の片付けをしています。

私の場合、片付けとは整理整頓のことではありません。

片付けとは、モノを減らすことです。

捨てたり、売ったり、譲ったり、手段は様々ですが、家の中にあるモノを減らすことが、片付けの本質だと思います。

例えば、服を例にとると、パンパンなタンスから服が溢れ出し、部屋が散らかっていた場合です。

散らかった服を掻き集めて、タンスの中の服を一度全部出します。全部の服をきれいに畳んで整理し、タンスに入れ直して、きっちり収納できたとします。

しかし、遅かれ早かれ、また服はタンスから溢れ出し、部屋は散らかります。

服の絶対量が減っていないからです。

服に限らず、モノの絶対量が減らない限り、散らかったモノを整理整頓しても、また逆戻りです。

よって、家を片付けたい、部屋を整えたいと思ったら、まずモノを減らさなければなりません。

今の生活に必要なモノ、今の自分にとって本当に価値を感じられるものだけを残し、それ以外のモノを手放す。

その上で、整理整頓をする。

それが、住環境を整える上で、最も効果的だと思います。

「捨てない片付け」なんていう考え方もありますが、私には無理です。

(効果がない、という意味ではありません。自分に合った片付け方法を選べば良いと思っています)

私は、あまり物欲がないので、比較的所有しているモノの数は少ないと思います。

そんな私ですが、片付けの度に、不用品が結構な量が出ます。

同じような毎日に思えても、生きている限り、人の価値観や環境は変化していき、それに応じて必要なモノも変化していきます。

ですから、生きている限り不用品が出て、それを減らす必要があるということ。

つまり、 片付け(モノを減らすこと)は、料理や洗濯、掃除などと同様に、死ぬまで続く家事といえます。

片付けが一生続く家事なら、できるだけ合理的に、効果的に行い、その結果楽しく、快適に暮らせるようにしたいものです。

モノの絶対数が減れば、それも不可能なことではないでしょう。

私はまだまだその域には達していませんが、目標に近づくように、今日も少しずつ“片付け”を行いたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました