働かなければ食べ過ぎない

こんにちは、かずしいです。

仕事のストレスで、食べ過ぎでしまうことに悩んでいる人も多いと思う。

わたしも、以前病棟看護師で夜勤をしていたときは、仕事終わりに異常な食欲が湧いて、

暴飲暴食することを繰り返していた。

特に、夜勤終わりは、炭酸飲料やポテトチップスなど、ジャンクなものがすごく食べたくなって、

コンビニやドラックストアに寄って帰り、寝る前に貪り食っていた。

また、日勤のときも、帰りが20時過ぎになると、昼食から8時間以上空いているため、

お腹が減りすぎて、夕食をどか食いしていた。

そんな食生活のせいか、体重は増加はしなかったが、

健康診断では、いつもHbA1cが6前後と高めの、糖尿病予備群だった。

看護師など、夜間シフトがある職業では、体内時計のリズムが乱れ、

糖尿病や肥満のリスクが高まるらしい。

また、長時間労働で食事と食事の間隔が長くなるため、脂肪肝になりやすいというは、

看護師あるあるだ。

夜勤シフトがある女性看護師は、乳ガンの発生リスクが高いとも。

・・・・・・なんか、正職の病棟看護師(夜勤あり)って、健康になるの無理じゃね?

病棟看護師を辞めてパートになってからは、労働時間とストレスが減り、

夜勤がなくなって体内時計のリズムが整ったからなのか、

コントロールできないような強い食欲が湧くことはなくなった。

また、炭酸飲料やスナック菓子など、ジャンクなものも食べたいと思わなくなった。

(単に、加齢で嗜好が変化したのかもしれないが)

今は、食事をしていても、丁度いい量で自然に満腹になって、食べ過ぎることがなくなった。

仕事時間が減ったり、無職になると、昼間から酒を飲んだりお菓子を食べたりして、

不健康になりそう、という意見がある。

個人の性格にもよると思うが、少なくともわたしは、パートになり仕事の時間、

負担を減ったことで、食欲の暴走がなくなった。

また、労働時間が減ったため、ウォーキングや筋トレなどの運動に時間を取れるようになった。

病棟では働いていたときは、勤務日は疲れ果てていて、とても運動する気にならず、

休日は明日も長時間労働だと思うと、体力を温存したくて、やっぱり運動しなかった。

わたしは、労働時間を減らしたことで食べ過ぎなくなり、運動量も増え、

体調が整って快適に過ごせるようになった。

そう考えると、週5日40時間(仕事の準備や残業も含めたら、それ以上になるだろう)

も働いていたら、どんどん健康から遠ざかる。

週5労働は万病の元だ。

企業も、社員の健康のために、健康診断やストレスチェックを受けさせるより、

労働時間そのものを減らした方が、よほど効果的だと思うのだが。

コメント

タイトルとURLをコピーしました