“倹約”とは、支出にメリハリをつけること。

こんにちは、かずしいです。

わたしは、ときどき人から「倹約家だね」と言われる。

(“ケチ”とか“守銭奴”を、やわらかく翻訳して言ってくれているのかもしれないが・笑)

でも、自分では、そんなに倹約しているつもりはない。

必要なものや欲しいものは、結構好きに購入している。

もちろん、予算内であることが大前提だが。

近年漫画にもなった、アメリカのベストセラー『バビロン大富豪の教え』に、

金持ちになるための7つの極意、というものがある。

そのうち、1番目と2番目は、

1. 収入の10分の1を貯蓄すること

2. 欲望に優先順位をつけること

だ。要は、

収入の10分の1は先取りで貯金し、残りの10分の9で叶えられない欲望は諦めろ

ということ。

東京オリンピックの予算と違って、普通、予算は青天井ではない。

すべての欲望叶えることは、不可能である。

予算に上限があるなら、

自分は何にお金を使ったときに、一番幸せを感じるか

ということを理解した上で、お金を使う必要がある。

このとき大切なのは、他人や、世間の価値観ではなく、

自分自身が本当に満足できるものにお金を使うことだ。

世間の価値観というピラミッドの頂点を目指す、のではなく、

自分の満足感という的の正鵠により近いものを探す、といった感じ。

例えば、わたしの場合は、

服は10年以上同じものでもいいが、気になる新刊はすぐ買って読みたい、

外食はしなくていいが、野菜や肉といった素材は品質の良いものを買いたい、

年に一回ハワイに行くお金より、毎日散歩する時間が欲しい、

など。

そんな我慢ばかりの生活は嫌だ! という人もいるかもしれない。

しかし、自分が本当にしたいこと、欲しいものにお金を使えば、

次善のものは全部が諦めても、満足度は下がらない。

本当に欲しいものにはお金をかけ、それ以外はスッパと切り捨てる。

倹約とは、なんでもかんでもお金を惜しんで、貯め込むことではないと思う。

そんな生活は、全然楽しくない。

結局、お金は欲しいものを手に入れるための、手段の一つに過ぎないのだから。

月次な結論だが、倹約とは、支出にメリハリをつけることだ、と思う。

コメント

タイトルとURLをコピーしました