何事も目的がなければ達成するのは難しい

こんにちは、かずしいです。

知人に、ある資格試験を何回も受けている人がいる。

何回も受けているということは、つまり、何回も落ちているということだ。

最近、何回目かの資格試験を終えたのだが、自己採点の結果、やっぱり合格ラインに達していない様子だった。

話を聞くと、頑張って勉強しているようなのだが・・・・・。

しかし、その人の場合、その資格に受かったからといって、仕事や生活に影響しない。趣味の一環である。つまり別にその資格を取らなければならない目的がないのだ。

目的がないと、やっぱり勉強に集中できていないんだと思う。ガチ度が低いのだ。

別に、目的がなくたって、本人が楽しんで勉強しているなら問題ない。

しかし、本気で資格を取得したいなら、○○のために資格を取る! という目的が必要だと思う。

運転免許なら、今月中に免許取得しないと、就職の内定が取り消される、とか。

わたしだって、セミリタイアしたい! という目的があるから、収入のほとんどを貯蓄に回していても苦にならないし、あんまり働きたくない! という目的があるから、同年代の人がバリバリ働き、ガンガン消費してきらびやかな生活をしていても、自分を惨めに思うこともない(もともと貧乏性なことも大きいが)

ありきたりなことだが、資格取得にしろ受験勉強にしろダイエットにしろ、何かが長続きしないなら、そもそもそれをする目的があるのか? という根本的なことを考えてみた方がいい。

その結果、別に目的がないなら、やらなくてもいいのではないだろうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました