他人のご機嫌を取る仕事は、もうやりません。

こんにちは、かずしいです。

先日、看護師として働いている知人と話をする機会がありました。

その方の勤め先の医師が、気分屋で、機嫌によって態度がコロコロ変わるので、指示を仰いだり報告をするときに気を使う、という苦労を口にしていました。

その話を聞いていて、私も病棟やクリニックに勤めていたときのことを思い出しました。

私が看護師として勤めていたときにも、そういう医師は、あるあるでした。

虫の居所が悪いと、看護師の報告や質問を無視したり、重箱の隅を突くように詰問したりします。

何が機嫌を悪くする原因なのかは、看護師側には全くわかりません。

(看護師側にミスがあればそれも仕方がありませんが、看護師は関係ないこと、分からないことがほとんど)

私も、そういう医師に対しては、

「今、この先生の機嫌はどうなんだろう?」

ということに、常に気を回さなくてはなりませんでした。

(もちろん、そんなことない医師もいます。

でも、私が以前パートしていたクリニックの院長は、もろそのタイプで、面倒くさくて仕方がなったです)

看護師は、医師の指示がなければ、医療行為はできませんから・・・。

でも、医師のご機嫌取りって、そもそも看護師の仕事なのか??

看護師の仕事は、患者さんに看護を提供し、診察や治療を補助することです。

気分屋で不機嫌で理不尽な医師のご機嫌取りは、含まれていないと思います。

看護師に限らず、どこの企業でも、理不尽で気分屋な上司のご機嫌取りをしないと仕事が回らない、ということは、良くある光景だとは思います。

そして、不機嫌な態度をとっても許されるのは、医師や上司など立場の強い人、ご機嫌伺いをするのは、看護師や部下などの立場の弱い人、と相場は決まっています。

つまり、立場を利用した、パワハラです。

自分がパワハラを受けていたことに、今更気が付きました(笑)

そんなのパワハラにあたらない、働いていたら上司の機嫌取りくらい当たり前のこと、と多くの労働者は考えるかもしれません。

でも、私には、もう無理です。

他人のご機嫌を取る仕事は、もうやりません。

そうする度に、心が少しずつ壊死して行くのを感じるからです。

いくらお金を貰っても、割に合いません。

コメント

  1. 佐藤 ジャンク より:

    給料は我慢料とも言われますが
    毎日 心に負担がかかることは お金積まれてもできないですよね
    私はそう思います。

タイトルとURLをコピーしました