ビットコインが6ヶ月ぶりの安値で、私の資産も更に目減りしていますが、心は穏やかです。

注意:投資は自己責任の原則を忘れずに

こんにちは、かずしいです。

1月に入ってから、株式市場が続落していますが、暗号資産も同様に下落しています。

暗号資産の代表格であるビットコインも、6ヶ月ぶりの安値となりました。

2022年1月22日時点

一時期は、2021年内に、10万ドル突破か? などと言われていたのですが、そうそう予測どおりにはいかないですね。

ビットコイン価格が好調だったときは、

もっと買っておけば良かったかな?

とか

利益確定売りしなければ良かったかも・・・

などと思いましたが、下落局面に入ると、

やっぱり無理しなくて良かった

と思います。

ビットコイン価格が低下したことで、資産は目減りしています。

しかし、すでに利確はしてあることや、資産全体に占めるビットコインの割合が少ないことなどから、あまり感情を乱さずに保有し続けることができています。

資産運用の本に、

投資する金額は、資産がいくらになっても枕を高くして寝られる額に止めよ

といったアドバイスがされているのを読んだことがあります。

自分の値動きに対する許容度や耐性を知ることは、投げ売りや高値づかみをせずに、長期的視点で運用を続けていくためには、大切なスキルだと思います。

私は、ビットコインはS2fモデルに則して将来100万ドルになると予測しているので、このまま保有し続けたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました