セミリタイアなんて流行らない

・セミリタイア者やFIREの民が、多数派になることはない(たぶん)

・だってみんな、自分の時間より消費が大好きだから

こんにちは、かずしいです。

セミリタイアとか、FIREについて、働かない人が増えたら、労働力が不足したり、税収が減ったりして、社会が機能しなくなる! という危機感を訴える人をたまにみる。

しかし、それは杞憂だ。

というのも、セミリタイアやFIREの資産をつくるためには、生活費を可能な限り最小化し、

投資資金を最大化する、それを少なくとも年単位で継続する必要があるからだ。

FIREを実践している人の著作や体験談を読むと、例外なく、超・倹約家である。

たとえ年収1000万円以上の高所得者でも、月の生活費10万円程度、というのも普通だ。

お笑い芸人、IT企業役員、そしてFIREの民でもある厚切りジェイソン氏も、

服は全部もらいものか衣装で一度も買ったことがない、

一円でも安いコーヒーを買うため、2km先の業務スーパーまで行く、など

節約を徹底し、収入の9割を投資に回しているという。

普通の人から見たら、ものすっごいケチである。

高収入なら、車とか服とか、もっと欲しいものを自由に買いたいと思うだろう。

しかし、FIREの民が一番欲しいものは、「自分の時間」なのだ。

よって、自分の時間を一刻も早く手に入れるために、節約・倹約をすることは、

当たり前のことだし、むしろ自由に近づいていく過程と思えば、楽しいことでもある。

しかし、世の中には、自分の時間よりも、モノの方が優先順位が高い人の方が多い。

多くの人が、住宅ローンを組んで家を買ったり、キャッシングで買い物したり、

自動車ローンで車を買ったりすることに抵抗がないことからも、それは明らかだ。

わたしが以前、総合病院で看護師をしていたときも、同僚の看護師たちの消費欲は、

わたしから見れば凄まじかった。

一回2万円もするフットケアとペディキュア、高級化粧品、毎シーズンごとの洋服の購入、

海外旅行、ブライダルエステ、新車購入、お取り寄せグルメ、外食、などなど

彼らは、自分の時間と引き換えに、消費をしている。

だが、別にそれが悪いわけではない。単なる価値観の違いである。

自分が一番欲しいものがなんなのか、それを自覚して、手に入れるために行動できるなら、

手段も経緯も問題ではない。

少なくとも、消費>自分の時間 の人が大多数を占める現在、

セミリタイアが流行ることはない。

あくまで、選択肢の一つにすぎないのだから。

コメント

タイトルとURLをコピーしました