ご飯はみんなで食べると美味しい(とは思わない)

こんにちは、かずしいです。

コロナ禍で、忘年会や新年会を中止する企業や団体が増えている。

そんな中で、菅首相はステーキ会に出席するし、愛知県西尾市の市議はコンパニオン付きの宴会を開くし・・・・・・。

正直、どうしてそうなってしまうのか、理解不能。

開いた口が塞がらない。

年末年始の稼ぎ時、時短営業を迫られる居酒屋などの飲食業に就く人達には、気の毒だと思う。

しかし、わたしは、居酒屋と酔っ払いが大嫌いなので、地上から消え去っても別に構わない。

というか、わたしは、誰かといっしょに食事をするのが苦手なのだ。

仕事が正社員からパートになって、嬉しかったことの一つが、勤務外の飲み会がなくなったことだ。

「ご飯はみんなで食べたほうが美味しいでしょ!」

と言う人が、たまにいる。

そういう考えは理解できるが、わたしはあまり共感できない。

誰かと、特に大勢と一緒に食事をしていると、落ち着かないのだ。

学校や職場で、環境に強制されているときは、何とか我慢して自分を合わせていた。

しかし、職場の忘年会など、勤務時間外の集まりは、毎回憂鬱だった。

仕方なく参加するのだが、最中はいつも、早く帰りたい、と思っていた。

歓迎会などを開いてくれたときも、相手には悪いが、

わたしを喜ばせたいなら、何もしてくれなくていいのに・・・・・、と思っていた。

世の中は、食事や酒の席を設けることは、相手への慰労や報奨の意味があるらしい。

だからこそ、接待に使われるわけだが、わたしにとっては全く理解不能である。

わざわざ金を払って、他人と食事をしたり酒を飲んだりすることを、大多数の人は楽しいことだと認識しているわけだ。

世の中に、居酒屋や飲み屋が溢れていることから考えて、そういう人の方が多数派で一般的だということはわかる。

わたしのような感覚の人は、少数派なのだろう。

世の中にわたしの感覚に合わせて欲しいとは、全く思わない。

コロナ禍が収束した暁には、やりたい人は毎日宴会を開けばいいと思う。

わたしだって、他の人が幸せでいてくれた方がいいからだ。

ただ、わたしのことはほっておいてくれれば、それでいい。

コメント

  1. deds より:

    たぶんそういう人多いと思うんだが、なかなか市民権をえれないなあ
    大手をふって断れないんだよなあ

タイトルとURLをコピーしました