お盆前のサイゼリアで、若人の労働に感謝する無職の話。

こんにちは、かずしいです。

先日、サイゼリアに昼食を食べに行ってきた。

お盆直前の時期だったので、混み合うことが嫌で、無職の特権を活かし、平日の開店時間を狙って店へ。

開店直前に駐車場に着くと、駐輪場に高校生くらいの女の子が一人、駐輪していた。

「夏休みだし、友達とランチにでも来たのかな?」

と私は思ったのだが、彼女は客用の入り口ではなく、従業員用の裏口から入っていった。

その女の子は、サイゼリアの従業員さんだったのだ。

あとで、デザートのティラミスを運んできてくれたので、間違いない。

無職の中年が、平日11時から昼飯を食いに来ている中、高校生(推測)の若人が労働しているとは・・・・・・。

自他共に認める恥知らずな私だが、さすがに己を恥じる心持ちだった。

(でも、昼食はデザート付きで美味しく食べて帰った)

彼女のような人が労働してくれるおかげで、私のような無職でも美味しい外食を楽しむことができる。

ネットや物流が発達し、便利な世の中になったせいで忘れがちだが、結局どこまでいっても、私達が購入するモノやサービスは、人間の労働がなければ提供できない。

すべての財は、人間の労働による産物なのだ。

つまり、その財を産み出す労働者は、めちゃくちゃ価値がある、敬われるべき存在、ということ。

少し前にニュースで、お弁当屋さんの店員さんに難癖をつけ、

「お前の年収、1カ月で儲けてるからな、クズ!」

と恫喝した、あごマスクのおっさんがいたことを報道されていた。

この人、タワマン最上階住まいの成功者(笑)らしい。年収何億なのか知らんが、労働者に敬意を持てない人は、サービスを受ける資格もない。

私もこうした勘違い野郎にならないように、反面教師にしたい。

属性的には、私は実家住まいの無職なので、共通点はないけどね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました