【GoToとか何とか】鬱陶しい政府の販促キャンペーン

こんにちは、かずしいです。

新型コロナの新規感染者数が2,500人超え、重傷者も着実に増えている。

菅さんは、「GoToのせいではありません」っと、この期に及んでGoToの継続を決定。

GoToだけが原因でないとしても、人が移動して接触するれば感染が広がるんだから、感染拡大を税金使って促進していることは間違いないだろう。

そもそも、このご時世旅行に行けるような金銭的、時間的余裕のある一部の人達を、なぜ税金使って支援しなければならないのか??

行きたきゃ自分の金で勝手に行けばいい。

観光業や飲食業を支援したいなら、直接助成金を配ればいいだけの話だ。

わたしは外食嫌いだし旅行に行く金もないが、あったとしても政府の販促キャンペーンに踊らされて金を使うのは御免こうむる。

これは菅政権に限ったことではないが、政府が国民の金の使い方にあれこれ言い出しときは、要注意。

それは、決して、国民を思ってのことではない。

政府の都合しか考えていないから、言ってることがコロコロ変わる。

太平洋戦争中は、「贅沢は敵だ」とか、「欲しがりません勝つまでは」とかいって節制を強いていたくせに、今は「GoTo」で旅行や外食で金を使えだと?

政府に従って、その結果家計が破壊されても、もちろん政府は責任なんてとらない。

だいたい、小学生の小遣いの使い道じゃあるまいし。

自分が稼いだ金の使い道くらい、自分で決める!

政府がどんなキャンペーンを打とうが、必要なときに必要なものやサービスを買う、それだけだ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました