【1年経っても、全く進歩なし】3回目の緊急事態宣言

こんにちは、かずしいです。

昨日4月25日から、3回目の緊急事態宣言が発令された。

西村大臣は、記者会見で、国民に呼びかけていた。

「1年前を思い出していただきながら、その時以上に徹底したステイホームを」

人を舐めるのもいい加減にしろ

1年前と、何の進歩もねえじゃないか。

この1年で、

新型コロナの水際対策も、検査体制の確立も、医療の再編成も、ワクチンの確保・開発も、

何もかも、失敗してきた。

なぜ失敗したか、その原因に対する考察も、謝罪も、改善策も、

何も示されていない。

国民に対しては、自粛のお願いを繰り返すのみ。

イベントも、飲食も、旅行も、部活も、何もかも自粛しろ、我慢しろ。

でも、保障をしない。

しかし、東京五輪だけは、何があっても絶対に開催します。

人を馬鹿にするのも大概にしろ

このままでは、緊急事態宣言を出そうと、1年前のような協力は得られまい。

こんなに信頼が置けない相手の“お願い”を、どうして誠実に聞くことができるだろう。

正直言って、私は、緊急事態宣言下でも外出する人や、屋外で飲酒する若者を責めることはできない。

国民に“協力”を仰ぐなら、まず政府が信頼に足ることを、行動で示して欲しい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました