【酒池肉林】5月の無職飯、おやつ その2(順不同)ジャンインザドーナツ、無印良品の冷食 などなど

こんにちは、かずしいです。

5月に無職が食ったもの、第2段。

ジャックインザドーナツの「マリトッツォ(フレッシュはちみつ✕ホイップ)」(税込み308円)

一度は食べてみたくて購入。

ホイップクリームてんこ盛り。

ドーナツは、揚げパンのような食感で、結構油っこい。

齧った断面(汚くてすみません)⬇

ドーナツとクリームの間に、はちみつが塗られている。

齧るとそれが、じわ~っとして美味しい。

しかし、いかんせん中年の胃袋には重かった(笑)

最後の一口がきつい・・・・。

10代のときに食べたら、めちゃくちゃ美味しかっただろうなー。

若い時に食べたかった。

同じく、ジャックインザドーナツの

豆腐ドーナツ(税込み110円)

弾力があって、結構もそもそした食感。

味はさっぱりした甘さで、好みだった。

でも、ふわふわのドーナツを想像していると、裏切られるかもしれない。

結局シンプルな定番もの(オールドファッションとか)が、一番美味しく感じてしまう。

以下、無印良品で購入した3品

「国産豚肉と野菜の餃子」(税金450円)

20個入り、450円と、普通の冷凍餃子より、やや高価。

餃子は食べたいが、作るのは面倒、でも餃子が食べたい、ということで購入した。

焼き餃子にして、実食。

無印のHPの商品レビューでは、薄味という評価がいくつかあった。

でも、私は薄味とは思わなかった。

ニンニクも入ってるし、酢醤油をつけて食べるなら、これくらいで十分。

皮は薄くて、噛み切りやすい。

具は、肉も野菜もしっかり感じられ、美味しかった。

残りは後日、スープにいれて煮て食べた。

皮が溶けることもなかったので、水餃子にしても美味しいと思う。

袋がジップロックなので、分けて食べる際、保存に便利。

「サイダー」(税込み290円)

シンプルな瓶入りサイダー。

この手の清涼飲料水は、一般的に人工甘味料が使われているが、

この「サイダー」は、甘味料に砂糖を使用している。

そこが気に入って、購入してみた。

たこ焼き(久しぶりに作った)と共に、縁日気分で飲んだ。

子供の頃飲んだラムネのような、懐かしい味。

砂糖を使っているので、人工甘味料を使った清涼飲料水のようなさっぱりさはない。

私は好きだが、人によっては、垢抜けない味がするかも。

それと、これはサイダー自体には関係ないのだが、

瓶に貼られるいるラベルが剥がれにくいのが、不便だった。

ゴミ分別のため剥がすために、水につけて置いても全然剥がれず。

結局、爪でガリガリ削って剥がした。

手間だったので、次の購入はないかなー。

「草だんご」(税込み390円)

こちらも、人口甘味料ではなく、砂糖を使用している点が高ポイント。

一口大の、可愛い草だんこ。

中身は粒あん。

よもぎの風味がしっかりある。

粒あんも、ちょうどよい甘さで、美味しかった。

他にも、冷凍食品の和菓子には、クリーム大福とかおはぎとかもあるので、

試してみたい。

お粥(玉子、梅干し添え)※無職の手作り♡

5月初めに、おそらくプロテインが合わなくて、腹痛になった。

1週間くらい、まともな食事がとれず、しばらくお粥の世話になった。

それ以来お粥の美味しさに目覚め、今でも朝食によく食べている。

食べるたびに、しみじみ美味い。

夜間、冷蔵庫で米を浸水しておけば、朝25分くらいで作れるので、結構簡単である。

以上、5月の無職飯、おやつでした。

備忘録として、また時々上げたいと思う。

コメント

タイトルとURLをコピーしました