【迷走っぷりがすごい】聖火リレーは、走らずにやるらしい。

こんにちは、かずしいです。

緊急事態宣言発令から2週間過ぎた。

新型コロナの感染収束は、全く見通せない状況が続いている。

(飲食店の営業時間短縮要請以外、実質なにもしてないので、当たり前だけど)

英国のタイムズ紙で、東京五輪中止の報道がされたり、それを政府が躍起になって火消したりしている。

(あんなに必死になるってことは、実は中止決定したのが海外メディアにすっぱ抜かれて慌ててるのか?)

わたしは、新型コロナや感染症の専門家ではない。

でも日本だけでなく世界の感染状況を見れば、あとたった半年後に、世界中から、選手団だけでも万単位の人々が、東京という狭い地域に押し寄せる運動会なんて開けるわけねーだろ、と思う。

日本国内の感染者だって、高齢者などのリスクがある陽性者でも、コロナ病床に空きがなくて入院できず、自宅待機中に亡くなる人が出てきているのに。

さて、ここで森さんに問題です。

この状態で半年後、外国人選手や関係者、観客の感染者、発症者が加わったら、どうなるのでしょーか?

半年後どころか、オリンピックの重要イベントの一部である聖火リレーのスタートは、もう約2ヶ月後に迫っている。

ほんと、どうすんだろ、と思っていたが、先日とんでもないニュースを読んだ。

曰く、

“東京五輪の聖火リレーに関して大会組織委員会が、緊急事態宣言の延長や外出自粛が求められる状況の地域ではランナーによるリレーを取りやめ、各地で聖火の到着を祝う式典のみに縮小する予備案を検討していることが22日、分かった。”

(出典:時事通信2021年1月22日「聖火リレー、走らず式典のみも 緊急宣言や外出自粛地域で―東京五輪」

“ランナーによるリレーを取りやめ”って・・・・・。

それってもう、聖火リレー じゃなくね??

音の鳴ってない、前衛音楽みたいなもんなの?

“緊急事態宣言の延長や外出自粛が求められる状況の地域では”ということだが、それって自治体によって聖火リレーできるところと、できないところがでるってこと?

できるかできないか、どこで期限を切る気なの?

どっちにしても、自治体間での不公平感半端ないよね?

などなど、疑問が満載過ぎて、容量の小さい脳みそがパンクしそうだ。

森さん以下、オリンピックやらなきゃ死んじゃう組の方々の希望を叶えるため、現場の職員が必死で考えた結果なのだろう。

あまりの迷走っぷりに、滑稽さを通り越して、恐怖を感じる。

こんな仕事をさせれられていて、東京都の職員をはじめ、組織委員会へ出向している方々は頭がおかしくならないのか、本気で心配だ。

取り敢えず、菅さん、森さん、大会組織委員会の方々は、

国民の命・健康がどうなっても、オリンピックだけは開くぞ!!

という不倶戴天の決意をしているらしいことは伝わった。

・・・・・・・・・・狂ってんのか?

政府や組織委員会には、別に驚異的になリーダーシップや薔薇色の結果を望んではいない。

ただひたすら頼むから、正気に戻ってほしい。

いや、待て。

もしかすると、始めっから正気なのかもしれない。

それならいよいよ日本の壊滅を覚悟するしかない。

そうしたら、わたしのような金も権力もないゴミクズは、真っ先に犠牲になるだろう・・・・・・。

嫌だ〜、わたしはただ、平和にグダグダのんびり生活したいだけなのに〜。

コメント

  1. 匿名 より:

    オリンピック開催なんて馬鹿じゃないかと思っていたのですが、今年やらないと、十数年後にやるかもしれないというような話をきいて、それなら、観客なしで今年オリンピックをやったほうがいいのではないかと思うようになりました。とにかく、オリンピックなんて早く終わらせて欲しいです。

タイトルとURLをコピーしました