【贅沢が苦手な理由】「あんなにお金を払ったのに・・・」とがっかりするのが嫌

こんにちは、かずしいです。

私は、いわゆる「贅沢」が苦手です。

買い物しかり、温泉旅行などの娯楽しかり。

元々、そんなに贅沢ができるほど資産がないんですけど、たまに贅沢な支出をすると、

「あんなにお金を払ったのに、イマイチだったな・・・」

とがっかりすることが多いんです。

多分、私が「贅沢」と思っているモノやサービス自体が、お金持ちにとっては全然「贅沢」のレベルに達していないので、満足度が低い、と考えることもできると思います。

しかし、私程度の使えるお金で、本当の「贅沢」なんてできる訳ありませんから、所詮無駄な話です。

結局、私が贅沢をすると、価格に見合っていないとがっかりする、という結果になります。

そんな風に考える事そのものが、貧乏臭いと我ながら思いますが、持って生まれた性分なので、仕方がありません(笑)

それに、贅沢なもの、価格が高いものが、即高性能だったり、快適だったりするとは限りません。

家電なども、ある一定の価格帯を超えると、使いこなせない機能がやたらとついているだけ、ということもよくあります。

私は、レンジはチンだけできれば良い派です。

温泉も、泉質が良くて浴室が清潔なら、料理やサービスは最低価格のもので良いです。

結局、贅沢かどうかよりも、どれだけ自分の価値感に合ったお金の使い方ができるかの方が、お金を使ったときの満足度に関係していると思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました