【買い物をするときの心構え】ゴミになるモノを買うお金を稼ぐために、自分の時間と労力を切り売りするのは嫌

こんにちは、かずしいです。

最近、家の不用品の片付けを行っています。

出てきた不用品は、可能な限り売れるものはリサイクルに出したり、人に譲ったりしますが、圧倒的に廃棄するモノの方が多いです。

今どき、買ったときよりも高く売れるどころか、中古になっても市場価値があるモノなんて、滅多にないことを実感します。

それどころか、不用品を捨てるにも、手間も費用もかかります。

不用品をゴミに出すときに、毎回思うのは、

「これも、働いたお金で買ったものなんだよな・・・」

ということ。

(私にとっては)過酷な労働に耐え、自分の時間と労力を切り売りして、やっと稼いだお金。

そのお金で買ったアレやコレが、結局最後にゴミになるのなら、自分の時間と労力とゴミを交換していた、ということです。

ゴミに変わってしまうくらいなら、お金のまま残しておけば良かった、と後悔したことは、一度や二度ではありません。

そして同時に、ゴミを買うお金をなくせば、1日13時間働かなくてすむのでは? と気がついたのは、フルタイムで病棟看護師をしているときでした。

自分にとって“本当に必要モノ”には、それほどお金をかからない。

ならば、ゴミ買うお金を稼ぐために、自分を切り売りしてまで働きたくはない。

自分が本当に必要なものを買うお金を稼げば、それ以上の労働は減らして、自分の日常を大切にしたい、と思いました。

それが、私がセミリタイアを目指した理由でもあります。

働くことが好き人や、モノを買うことが好きな人を否定するつもりは、全くありません。

価値観は十人十色、他人を害しない限り、自分の道を突き進めば良いと思います。

ですが、私の場合は、セミリタイアを目指すようになってから、

「これは、自分の時間と労力と交換しても、本当に後悔しないモノなのか?」

と、何かを買うときに、真剣に考えるようになりました。

結果、無駄遣いが減って、お金を貯まり易くなり、部屋がモノでごちゃごちゃすることも減りました。

これからも、モノを買うときは、真剣に向き合って、本当に必要なのか、そのモノを活かせるのか、考える習慣を継続したいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました