【習慣を変えるのは大変】父の右膝痛が再発した件について

こんにちは、かずしいです。

先日、父がびっこを引いて歩いてた。

理由を尋ねると、右膝内側の痛みが再発したそうだ。

12、3年ぐらい前に、夜歩きスマホをしていて、深めの側溝に落ちて、右膝を強打。

一応、回復したが、それ以来、条件が重なると、時々痛みが再発している。

痛みが再発する条件とは、

① サンダル履きを続ける

② 靴下を履かない

③ 体重が増加する

①については

父は靴を履くのがめんどくさいらしく、普段サンダル履き。

サンダルでペタペタ歩くと、足底のアーチは崩れるし、膝に負担がかかる。

紐靴にしろと言っても、右膝の痛みが良くなると、またサンダル履きに戻る。

②について

父は靴下を履くのがめんどくさいらしく、普段素足。

年中、くるぶしが出ているので、足が冷えている。

足が冷えれば、血流は悪くなるし、筋肉も動きもぎこちなくなる。

結果的に、歩行時足の負担が増し、痛めた右膝にダメージが蓄積する。

③について

父は、ここ15年以上、BMI28〜30くらい、標準体重を20kg 近くオーバーしている。

体重が重い=膝関節への負担が大きい。

よって、痛めた右膝への負担が大きくなる。

以上3点の条件が重なり、継続すると、右膝の痛みが再発する。

この3点を改善すれば、痛みが再発することもなくなると思うのだが・・・。

ここ10年来、本人に何回言っても、一向に改善しない。

痛みがあるときは、(ダイエット以外は)習慣を一時的に習慣を改めて、

靴下や靴を履くようになるが、痛みが治まると、素足+サンダル、に戻る。

喉元過ぎれば、というやつだ。

父の膝痛に限らず、ほとんどの悩みが解決できないのは、

解決方法はわかっているけど、それを継続できない

せいであることが、大半だと思う。

しかし、別に悩みを絶対に解決しなくてはならない、わけではない。

人間には誰しも、膝が痛くなって歩行できなくなる自由がある。

父にだって、その自由を行使する権利がある以上、私にできることは何もない。

でも、今の体重で要介護になったら、重すぎて私は介護できない。

悪しからず。

私はBMI18のガリガリ、非力な中年。

父を介護したら、膝を痛めるどころか、全身粉砕骨折する。

コメント

タイトルとURLをコピーしました