【節約の効果は絶大】月1万円節約は、300万円の資産を持っているのと同じ。

こんにちは、かずしいです。

株式や債券などの運用から得られる利益は、意外と小さい。

過去の実績から考えると、

よく分散された米国や全世界型のインデックスファンド投資で、平均年間4〜5%といったところ。

100万円の資産の運用益で年間使えるのは、4万円程度ということだ。

もちろん、完全な不労所得なので、価値は大きい。

しかし、例えば月1万円の運用益を得ようとすれば、300万円分の資産が必要となる。

わたしを含め、300万円貯めようとすれば、年単位の時間が必要になると思う。

一方で、日々の生活費を見直し、月1万円節約できたとする。

それを継続できれば、実質300万円相当の資産を所有しているのと同じことになる。

月1万円の節約なら、一日約333円支出を減らせば良い。

コンビニでなんとなくお菓子を買うのをやめる、

スマホのキャリアを、大手から格安SIMへと変える、

たいして使用していないサブスクをやめる、

自販機で飲み物を買うのをやめ、水筒を持ち歩く、

などすれば、比較的簡単に達成できる金額だ。

しかも、こうした節約は今すぐできて、効果もすぐに出る。

大げさかもしれないが、

約333円は、300万円分の資産と同じ価値だ!

とさえ言える。

自分にとって必要なもの、価値を感じるものに使うなら問題ない。

でも、惰性で買っているもの、利用しているサービスだとしたら・・・・。

たとえ300円程度でも、大金過ぎる。

もし、対して欲しくないものに300円払うとき、

これって300万円分の資産に見合う価値があるのか?

と自分に問いかけて見ると、無駄遣いが減る。

また、自分が何に本当に価値を感じているか、自分の価値観をはっきりさせるためにも、

効果的な方法だと思う。

コメント

タイトルとURLをコピーしました