【田舎あるある?】粗大ごみ捨て場が、めっちゃ遠い。

こんにちは、かずしいです。

先日、私が住む地域では、月に1回の粗大ごみの収集日だった。

古くなったマットレスや、壊れたコピー機などを捨ててきた。

私の住む地域は、ど田舎とは言わないまでも、地方都市によくある財形基盤が脆弱な田舎だ。

そのため、行政サービスは、都会より質・量ともに少なくなりがち。

(頑張ってくれているとは思うけど)

ゴミの収集も、その一つ。

以前、都内に住んでいたときは、ゴミの収集日は小まめにあったし、

各家やマンションの前に収集場所があった。

ここでは、粗大ごみ・資源ごみの収集日は月1回。

しかも、公園を収集場所として使っており、屋根がないので、

雨天は収集中止。

当日雨だと、次の収集日まで、ひと月待つことになる・・・・。

加えて、各地域によって割り当てられた収集場所が少ない。

今住む地域でも、燃えるゴミやプラゴミ収集場所は、出る頻度が高いので、

各家の前とはいかないものの、歩いてすぐの距離にある。

しかし、粗大ごみや資源ごみなど、月一収集のゴミの収集場所は、

それ自体がずっと少ない。

結果的に家のある場所によっては、収集場所が遠くなる。

うちは、ちょうど隣の地区の境界に家があるので、

自分の地区の粗大ごみ置き場まで、遠いのだ。

歩いて、7〜8分かかる(涙)

手ぶらで行くなら、大した距離ではない。

しかし、そこが粗大ごみ捨て場となれば、話は別だ。

粗大ごみは、かさばるもの・思いものが多い。

持って運ぶのは無理。

今回も、母と二人で、車で運んで捨ててきた。

車を停める際に、他の人達の邪魔にならないように、短時間で済ませる必要があるので、気を遣う。

最後に、粗大ごみを捨てられる時間帯が、朝6時から8時という点(早っ!)

朝起きられない不届きな輩は、前日の夜にこっそり捨てに来る。

当日、当番の住人は、6時から2時間ゴミ捨て場に立って、監督する決まりになっている。

平日なので、勤め人には辛い。

そのため、主婦やパートの女性や、お年寄りがやっていることが多い。

共働きの核家族も多いだろうに、そんな家はどうしてるんだろう?

こんな感じで、田舎では、粗大ごみを捨てるのも一苦労なのだ。

特に、ゴミ収集場所が遠い場合、車がないと大変。

我が家も、親や自分の老後を考えて、数年前から家財を片付け始めている。

車を運転できるうちに片付けて置かないと、老後はゴミ屋敷になりかねない。

片付けも大切だが、まずは捨てるのが大変な大きくて重い物(大型の家具など)は、

買わない、家の中に入れないことが、重要だと思う。

コメント

タイトルとURLをコピーしました