【生活費 月3万5千円】自分にとって必要な生活費

4%ルールに基づいた、わたしがリタイアするのに必要な貯金額について、

3.5万円×12ヶ月×25=1,050万円で、キリの良いところで1,000万円だ、

と以前、わたしの株式投資遍歴 で書いた。

3万5千円の内訳は、以下のとおり

  ・家へ入れる生活費:3万円

  ・その他:5千円

・・・・・・めちゃくちゃざっくりしてて、すみません。

何度か言及していきたように、わたしは実家暮らしの中年独身女である。

そのため、住居費・水道光熱費・食費(の大部分)は、家に入れる3万円で賄っている。

実家暮らしでリタイアを目指すとか、ただの中年無職じゃね? 

というご指摘もあると思う。

ストイックな本物のアーリーリタイア、セミリタイア組からはお叱りを受けそうだが、あくまでわたし個人にとっては、ということで目こぼしして欲しい。

3万5千円は、リタイア後に必要な、最低限の費用だ。

パートで働いている現在、実際かかっているひと月あたりの経費を記すと、

 ・家へ入れる生活費:3万円

 ・国民健康保険料:約2千円

 ・自動車費:約8千円(車検、保険、ガゾリン代などの合計を月割にした費用)

 ・スマホ代:約1千円(楽天モバイルなので、ほぼポイント払いで実質0円)

 ・その他(書籍、医療費など):約4千円

 ・国民年金保険料:全額免除

で、おおそよ月4万5千円で生活している。

しかし、ここには通勤に必要な自動車代が含まれている。

リタイアしたら、自動車は手放すつもりなので、自動車費が0円になる。

それに、収入が今より少なくなって年収98万円以下になれば、健康保険料料も月1千くらいになる。

そうすれば、月3万5千円くらいで、生活できる。

どうしても足りないときは、週1〜2日くらいのバイトをして、生活費を補ってもいい。

本当は月4万あると、余裕があると思うが、そうするとリタイアに必要な貯蓄額が、

4万円×12ヶ月×25=1,200万円 で、200万円も多くなる。

自分の資産形成のモチベーションを保つためにも、引き続き目標額は1,000万円にしていきたい。

以前、ひとり暮らしをしていたときも、家賃を除けば、実質的な生活費は4万円以下だった。

わたしはその額で楽しく生活していたが、人によっては全然足りないし、もっと少ない額で大丈夫な人もいるだろう。

生活費は、家族形態や職業、個人の趣味嗜好などによって、幅がとても広い。

平均値を知ることは大切だ。

しかし同時に、それをそのまま自分に当てはめることは、あまり意味がない。

自分にとって快適に暮らせる生活費の額は、試行錯誤して自分で決めるしかない。

わたしのように、早期リタイアを目指す人でなくとも、自分の生活費を把握することは、これくらいお金があれば大丈夫なんだ、という安心感につながる。

万人にお勧めなので、一度自分の生活費をとことん洗い出してみてほしい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました