【現場の努力だけでは限界】看護・介護職にも正当な対価を

こんにちは、かずしいです。

新型コロナの患者が急増し、看護師不足でコロナ病棟を増やせない、フル稼働できない地域が出てきてる。

また、介護施設などでは、利用者が感染したことでサービスを提供できなくなったり、内部でクラスターが発生して、十分が職員が確保できないところも。

どちらも、もともとギリギリ資源で回しているので、こうした危機があると、あっという間に機能不全が起こる。

今のところ、北海道や大阪に集中しているようだが、感染が広まればどこでも同じようなリスクがあるだろう。

そんな中、看護師不足の地域に、自衛隊の看護官を派遣することが検討されているそうだ。

派遣が決まれば、一時的に看護師不足は補われるが・・・・・・。

そもそも、今回のコロナ禍で人員が不足している看護や介護の現場は、多くの共通点ある。

・看護師、介護士など、現場の多くが女性であること

・慢性的に長時間労働であること

・労働時間と業務内容に対して、賃金が安いこと

・前残業など、サービス残業が常態化していること

・上のような状態が長年放置されており、現場の善意や努力に頼ってきたこと

こういった看護・介護業界の脆弱性が、今回のコロナ禍によって現場レベルではカバーしきれなくなり、目に見える形になった、ということだと思う。

看護官を派遣するれば、喫緊の危機は凌げるかもしれない。

しかし、看護・介護業界の体質が変わらなければ、次の危機のときに同じことが繰り返されるだけだ。

いい加減、現場の犠牲や努力でどうにかしようというセコい対策はやめた方いい。

それよりも、現場で働く看護師や介護職者が、正当な対価を得られるようにするべきだ。

正当な対価とは、賃金はもちろん、労働時間や環境の改善、人員の補充も含まれる。

そういう広い規模での施策を練ることが、国の仕事だと思うのだが。

今のところ、やる気が見えるのは、GoToだけ。

優先順位が違うんじゃない??

コメント

タイトルとURLをコピーしました