【玄米生活】噛む回数を増やすには・・・・・・

こんにちは、かずしいです。

玄米が思いのほか美味しかったため、玄米生活を続けている。

玄米は不溶性食物繊維が豊富だから、便秘解消に良いと言われている。

わたしはもともと便通は良い方なのだが、玄米を食べるようになって、以前に増してすっきり出るようになった感じがする。

玄米を食べるようになって、特に顕著な変化は、咀嚼の回数が増えたことだ。

わたしは、もともと早食いで、食事時間が10〜15分くらいだった。しかし、玄米が主食のときは、20分くらいかかる。それは、自分でもわかるくらい、噛む回数が増えているからだ。

玄米は白米に比べて格段に噛みごたえがあるため、単純にしっかり噛まないと飲み込めない。最低20回くらいは噛む必要がある。

また、玄米は口に入れた直後は味がほぼなく、噛んでいくうちに、だんだん甘みが出て美味しくなってくる。

以上の2つの理由から、特に意識しなくても、自然と咀嚼回数が増える。噛む回数が増えたせいで、最近若干、頬の筋肉がだるいくらいだ。

消化を良くしたり、食べ過ぎを防ぐためには、よく食べ物を噛むことが大切だ。

子どもの頃、親から、よく噛んで食べなさいと注意された人も多いだろう。

みんな、よく噛むことの大切さは頭ではわかっている。

それでもそれが難しいのは、食べ物が柔らかすぎるかつ、よく噛んでも美味しくならないからだ。

白米をはじめ、オムライスやラーメン、カレーライス、アイスクリームなど、口に入れてすぐに美味しいと感じる食べ物は、そもそもそれほど噛まなくても飲み込めるので、よく噛む必要がない。

それに、オムライスを一口30回噛んでも、美味しくならない。(わたしだって、オムライスはパクパク食べたい)

人間は、必要性もなく楽しくもないことは、例えそれが健康に良いと頭でわかっていても、継続できない。

噛む回数を増やしたいなら、意志の力に頼っても無駄だ。

よく噛めないと飲み込めない、かつ、噛むほど美味しくなる食品を選ぶ方が、ずっと現実的である。

コメント

タイトルとURLをコピーしました