【玄米と相性ピッタリ】鯖缶カレーでオメガ3を補給

こんにちは、かずしいです。

カレーは国民食と言われるほど、人気があるメニューの一つ。

しかし、市販のルーを使うと、わたしは胸焼けし、そして大抵お腹をこわす。

おそらく、ルーに大量に含まえれている油脂が消化しきれないのだ。

というわけで、そんな油脂を消化しきれない中年でも、美味しく食べられるカレーのレシピを紹介したい。

その名も、鯖缶カレー(パパパパッパパー)

材料(2〜3人前)

鯖缶(味噌味と水煮、1缶ずつ)

玉ねぎ(1個)

生姜のすりおろし(一欠)

カットトマト缶(1缶)

カレー粉(大さじ1杯くらい)

ソース(隠し味、好みで)

作り方

玉ねぎをみじん切りし、油を熱した鍋でしんなりするまで炒める

カレー粉を玉ねぎにまぶして炒める

カレー粉が馴染んだら、鯖とカットトマト(鯖は汁ごと入れ、塊は解す)、生姜を入れ煮る

煮えたら出来上がり(味が薄かったら、カレー粉を追加)

以上。

正直、カレー粉は最後に入れても大丈夫だし、生姜は入れなくてもOK。

長時間煮込む必要はない。

好みでキノコや蒸し大豆缶、ミックスビーンズ缶などを加えてもOK。

量は全部適当なので、味を見ながら調味料を入れてくれ(わたしも適当に作ってる)

鯖缶は味噌味と水煮を1:1で加えると、水煮だけより旨味が増し、さらに塩っぱくなりすぎず、ちょうど良くなる(と思う)

隠し味で、ソースを少量加えると、コクが増すので試してみて欲しい。

見た目はキーマカレーのような感じ。

写真は、蒸し大豆入り。

玄米にも合うし、油分が少ないので胸焼けの心配なし。

鯖のおかげで、中年が積極的に摂取したいオメガ3たっぷりの、ヘルシーなカレーである。

市販のルーでは胸焼けをする同志ががいたら、簡単なので試してみてね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました