【洗脳と変わらない】「自己啓発」は苦手です

こんにちは、かずしいです。

突然ですが、「自己啓発」って好きですか?

私は苦手です(笑)

ウィキによると、「自己啓発」とは

“自己を人間としてより高い段階へ上昇させようとする行為である。

「より高い能力」、「より大きい成功」、「より充実した生き方」、「より優れた人格」などの獲得を目指す”

とのこと。

そもそも“人間としてより高い段階”ってどういう状態??

人間に、段階ってあるの??

何を基準に、どうやって段階を決めるの??

と、理屈っぽい私は、?がノンストップです。

学生時代含め、社会人になってからの研修などで、いわゆる「自己啓発セミナー」を受けたことはいくつかありますが、その結果、

「より高い能力」、「より大きい成功」、「より充実した生き方」、「より優れた人格」

何一つとして獲得できたことはありません(笑)

私が「自己啓発」が苦手なのは、自己啓発セミナーにしろ、書籍にしろ、結局は、

すべての人間をある種の一つの人格に統合しよう

という意図を感じるからだと思います。

「自己啓発」において、存在しても良いのは、

やる気に溢れていて、向上心があって、性格が良くて、誰とでも仲良くできて、仕事や勉強ができて・・・

という、人間に限定されます。

そして私のように、

体力・気力がなくて、努力が嫌いで、一人が好きで、疑り深くて、怠け者で・・・

といった人間は、完全に否定され、居てはならない、もしくは矯正されるべき存在です。

そもそも、人間は、経験や加齢に応じて「よりその人らしくなる」ことはあっても、「より優れた人格なったり能力が向上する」ことは、ないと思います。

(能力がある人が、鍛錬によって技能が向上することはあると思います)

結局、「自己啓発」は、程度の差はあれ、人間全員を同じ人格になることを求める、「洗脳」の一種であると思います。

誰でも「自己啓発」を頑張(って洗脳され)れば、「幸福」になれる、という理論でしょうが、ペンギンにカモメになれ、といっても無理な相談です。

ペンギンにカモメのマネごとをさせて、なんになるでしょう。

(ペンギンに、カモメになる方法を教えてお金を取っている人は、儲かるかもしれません)

ペンギンはペンギン以外の何者でもありません。

ペンギンはよりペンギンらしく、カモメはよりカモメらしく

そう生きていくことが、「幸福」ではないでしょうか。

コメント

  1. アロマリア より:

    自分はまだ会社勤めなのですが、半年区切りで何かしら成長目標を決めさせられます。
    これも表面上は一種の自己啓発なのかなと思うのですが、
    人から押し付けられる自己啓発って感じで嫌ですね。。

    かずしいさんの指摘する自己啓発の意見は初めて接するものでしたが、分かる気がします。
    画一化の側面もありますよね・・・。

タイトルとURLをコピーしました