【残念】楽天ゴールドカード、サービス改悪

こんにちは、かずしいです。

先日、楽天ゴールドカードのサービス改定が発表され、一時Twitterのトレンド入りした。

楽天ゴールドカードは、楽天が発行しているクレジットカード。

年会費2,200円(税込み)だが、SPU倍率が4倍と、年会費無料の一般カードの2倍。

楽天経済圏の住人にとっては、楽天ポイントで年会費がペイできるため、人気だった。

しかし、今年4月1日以降から、SPUの倍率が4倍から2倍へ低下。

年会費無料の楽天カードと同じ倍率になる。

よって、有料の楽天ゴールドカードを使用する意味が、消失したと言える。

年間55万円以上、楽天市場で買い物する人なら、年会費11,000円(税込み)の楽天プレミアムカードに乗り換えた方がお得のようだ。

でも、ほとんどの楽天ゴールドカード使用者は、一般カードに乗り換えることになると思う。

わたしも楽天経済圏の住人の一人なので、サービス改悪は悲しいが、仕方がない。

だが、楽天の一般カードの還元率は1%と悪くない。

個人的には、楽天証券や楽天モバイルなど、楽天のサービスはお得なものも多いと思う。

よって今後しばらくは、楽天の一般カードを利用し、楽天経済圏を活用させて貰うつもりだ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました