【楽天証券・投信積立楽天カードクレジット決済、ポイント還元サービス改悪】本格的に、SBI証券への移管を考えた方が良いかもしれません

こんにちは、かずしいです。

私は、証券口座は楽天証券を主に利用しています。

昨年から、楽天のポイント制度の改悪が続いていますが、とうとう楽天証券の、投信積立楽天カードクレジット決済の獲得ポイントの改悪が決まったようです。

昨日2月2日に、楽天証券からお知らせメールが到着しました。

楽天証券では、投資信託を楽天クレジットカード決済で積立購入すると、月5万円を上限に1%の楽天ポイントが付加されていました。

上限が5万円とはいえ、実質1%引きで、投資信託を購入できたので、楽天証券の大きなアドバンテージになっていました。

しかし、2022年9月買付分から、この制度が改悪されます。

私の理解に誤りがあるかもしれませんから、以下の楽天証券の公式HPにアクセスして、ご自分で確認していただきたいのですが、

PC:

投信積立での「楽天キャッシュ決済」の開始および楽天カードクレジット決済のポイント還元率の一部変更について:楽天証券
楽天カードと楽天キャッシュを併用することで、毎月最大10万円までがポイント還元の対象となり、お得なキャッシュレス積立を行うことができます。

スマホ:

投信積立での「楽天キャッシュ決済」の開始および楽天カードクレジット決済のポイント還元率の一部変更について:楽天証券
楽天カードと楽天キャッシュを併用することで、毎月最大10万円までがポイント還元の対象となり、お得なキャッシュレス積立を行うことができます。

2022年9月買付分より、投信積立の楽天カードクレジット決済では、

ファンドの代行手数料が年率0.4%未満の銘柄は、ポイント還元率が0.2%となります。

これによって私が積み立てている「楽天VTI」の場合は、ポイント還元率0.2%に該当する銘柄です。

つまり、今まで1%だったポイント還元率が、0.2%に激減することになります。

つみたてNISAに対応しているような、手数料が安い優良なインデックス・ファンドは、ほとんどポイント還元率0.2%の銘柄に該当するのではないでしょうか?

その代わりに、6月から「楽天キャッシュ」利用した投信積立が始まり、それを利用することで、キャンペーン中は最大1%還元されるそうですが、それも2022年8月買付分から12月買付分までの時限措置です。

キャンペーンが終わると、私の場合は、

・投信積立の購入方法が楽天クレジットカードのままなら、還元率0.2%

・投信積立の購入方法を楽天キャッシュに変更すると、還元率0.5%

ということになり、2023年度からは、楽天キャッシュを利用しても、現行のポイント還元率1%から、半分の0.5%になりそうです。

これまでは、積立投信を楽天カードクレジット決済をすると、1%ポイント還元という、シンプルな制度が魅力だったので、楽天キャッシュを挟ませたり、銘柄によって還元率を変えたり、制度を複雑にしている点にも、やや不信感を抱きます。

優良なサービスは、可能な限りシンプル、一度読めばほぼ理解できる、が必要条件だと思いますので、昨今の楽天ポイントサービスは、どんどん複雑化していることが残念です。

楽天モバイル事業で巨額の赤字が出ているので、今までように好条件のポイント還元制度を維持するのが困難なのは仕方がないことだと思いますが・・・。

これは、本格的にSBI証券への移管を検討した方が良いかも、と個人的には思っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました