【本当に実在していたとは】初めて近所で、Uber Eats の配達員さんを見かけました。

こんにちは、かずしいです。

私が住む自治体は、人口20万未満の田舎です。

そのせいも合ってか、都会では珍しくもないだろうUber Eats の配達員さんを見かけたことは、つい最近までありませんでした。

(私が、ほとんど外出しないせいかもしれません)

しかし、去る11月の某日、銀行の駐車場に駐車していると、目の前の道路を、例のリュックサックを背負ってバイクに乗った男性が、走り去って行くのを見かけました。

こんな田舎でも、Uber Eatsって機能してたのか〜、と配達員さんを見て、珍獣を見つけたような気持ちになりました。

私の住んでいるところは、田舎で自家用車の所有率が高いですし、都市圏のように独自性のある人気の飲食店が多数あるわけではありません。

だから、Uber で頼むとしても、よくあるチェーン店になります。

それなら、手数料を払って頼まなくても、自分でドライブスルーに行けば良いのでは? と思います。

こんな街で、Uber を利用する人はどんな人なのか、需要はどれくらいあるのか、など、結構気になりました。

今の所、自分では利用する予定はないんですけどね(笑)

コメント

タイトルとURLをコピーしました