【映画『パラサイト』にも出てくる】ノグリラーメンを食べてみた。

こんにちは、かずしいです。

近所のカルディで、「ノグリラーメン」が売っていたので、買って来た。

「ノグリ」は、韓国語で「狸」のこと。

パッケージの記載によると、「丸くて太い麺の形が狸を連想させるということで名付けされたブランド名です」とのことだ。

ノグリのイラストがパッケージに印刷されているが・・・・・。

あんまりノグリっぽくない(笑)⬇

以前、化学調味料を使ったインスタントラーメンは胸焼けがして・・・、などと書いていたが、この「ノグリラーメン」は化学調味料たっぷりの正統派インスタントラーメンだ。

まあ、中年でも、ジャンクなものを貪りたいときもある!

時々なら、大丈夫(なはず)!

(そして、それが生活習慣病の始まり)

第92回アカデミー賞で四部門受賞した、ポン・ジュノ監督の映画『パラサイト 半地下の家族』に登場した、「チャパゲティ」(字幕では、「ジャージーラーメン」と訳されていた)に、この「ノグリラーメン」が使われているそうだ。

ちなみには、わたしは映画は未視聴です。

映画では、チャパゲティという、インスタントラーメンを使った焼きそばみたいな調理方法だったようだが、わたしは初めてなので、シンプルにラーメンとして調理した。

日本でも良く知られている、韓国のインスタント「辛ラーメン」は、わたしには辛すぎて食べられない。

辛いものは好きなのだが、そんなに強くないので。

「ノグリラーメン」は辛いが、「辛ラーメン」よりはマイルドらしいので、大丈夫か?

袋を開けると、中身はこんな感じ⬇ 確かに麺が太い。

550ml の水を沸騰させて、麺、かやく、粉末スープを同時に入れて、5分間煮る。

韓国のインスタントラーメンて、粉末スープも麺と一緒に煮込むものがスタンダードみたいだ。

日本のは、麺とかやくが煮えてから、火を止めて最後に加えるものが大半だけど。

調理済みがこちら⬇ 卵と黒豆もやしはオプション。

麺は太麺で、もちもちしていて美味しい。

スープは確かにスパイシーだが、海鮮の旨味が強くて、辛いものがそんなに強くないわたしでも、美味しく完食できた。

ただ、スープを啜ったとき、気管に入って死ぬほどむせた(笑)

塩分が気になるので、スープは残した。

締めにスープにご飯を入れて食べるのもオススメだそうなので、お腹に余裕がある人は試して見てほしい。

その際、とろけるチーズとかを入れても美味しいと思う。

コメント

タイトルとURLをコピーしました