【断念】完全無欠コーヒーを1ヶ月以上続けていたら、胃を悪くしました。

こんにちは、かずしいです。

私は、前月3月8日から、完全無欠コーヒー(コーヒーに、グラスフェッドギーとMCTオイルを入れて撹拌したもの)を、朝食として飲んでいました。

疲れにくくなったり、血糖値の乱高下による気分の浮き沈みがなくなったりと、良い点はあったのですが、この度、4月20日を最後に、完全無欠コーヒーを飲むことを止めました。

理由はタイトルにあるように、長期間コーヒーを飲んだことで、胃が悪くなったため、です。

作りたての完全無欠コーヒー。味は美味しかったのですが、私の胃にはコーヒーは強すぎたようです。

長期間といっても2ヶ月未満ですし、量も、完全無欠コーヒーを1日1杯飲むだけ。

人によっては、何年間もの間、1日数杯のブラックコーヒーを飲み続けても、体調に異変を来さない人もいます。

(私の母は、このタイプ)

しかし、私の場合は、残念ながらダメでした。

ここ最近、胃の動きが悪くなり、時折しくしく痛みを感じるようになりました。

そして、昼食以降固形物を食べると、消化不良を起こすように。

コーヒーは、私の体質には合っていなかったようです。

コーヒー自体は元々嫌いではないのですが、完全無欠コーヒーを飲み始める以前は、気が向いた時に、ひと月に1〜2杯飲む程度。

普段は、紅茶や緑茶を愛飲していました。

コーヒーは体質に合っていないので、無意識に控えていたのかもしれません。

試しにコーヒーと紅茶、ハーブティーでオーリングテストをしてみたら、見事にコーヒーだけ指に力が入りませんでした。

オーリングテストでは、グラスフェッドギーとMCTオイルも問題なかったので、おそらく胃痛と消化不良の原因は、コーヒーだと思われます。

完全無欠コーヒーを止めた翌日から、胃の痛みは出ていません。

今は、まだ胃が完全に回復していないので、レモン水も一緒に中止して、朝食はお粥やゆで卵などを、軽く食べるようにしています。

しかし、グラスフェッドギーやMCTオイル自体は、摂り始めてから体調が良くなったので、胃が回復したら再開したいです。

そこで、今度はコーヒーではなく、紅茶に入れて飲んでみようと考えています。

完全無欠コーヒーならぬ、完全無欠紅茶、です。

コーヒーが好きで、普段から毎日のように飲んでいる人には、完全無欠コーヒーは向いていると思いますが、体質は人それぞれです。

“自分に合っているのか”ということが、食事に限らず、あらゆる点で大切だと思います。

無理は、厳禁❌です。

問題は、自分に何が合っているかは自分でもわからないことが多い、ということ。

こればかりは、致命傷にならない程度に試行錯誤を繰り返して、確認していくしかありません。

ある意味“人体実験”ですが、オトナですし自分の体なので、明らかに危険なモノは別として、自己責任の範囲で色々試してみたいと思います。

趣味の一環です(笑)

コメント

タイトルとURLをコピーしました