【投資の最適解の一つ】『父が娘に伝える自由にいきるための30の投資の教え』ジェイエル・コリンズ

こんにちは、かずしいです。

1年以上前に読んだ書籍だが、良い本だなーっと思っていたので、レビューしておく。

有名な投資ブロガーさんも取り上げている本なので、ご存知の方も多いだろう。

米国人の個人投資家ジェイエル・コリンズ氏の著書、

『父が娘に伝える自由に生きるための30の投資の教え』(ダイヤモンド社)

コリンズ氏は、「会社に縛られないお金」いわゆる「チョメチョメ・ユー・マネー」

を作るための方法を、本書で非常に具体的に示している。

「30の方法」と邦題にはあるが、要点を言えば、

・収入の範囲で生活する。借金をしない。

・倹約し、余剰資金を米国株式インデックスファンドに投資する。

・投資額の4%で1年暮らせれば(つまり1年の生活費の25倍の資産ができれば)経済的に達成!

ということ。

コリンズ氏自身、この方法で経済的自立を果たしている。

しかし、今からでも、コリンズ氏が提唱する生活スタイルを守り、

推奨している金融商品(具体的には自分で読んでね)に投資すれば、

コリンズ氏と同じように、経済的自立を果たせるのか? と疑問に思う人もいるだろう。

何事にも絶対、100%はないように、必ず成功する、とは言い切れない。

それに、資産運用はあくまで自己責任。

自分で学び、理解し、納得できる方法を選び、実践していくしかない。

しかし私は、コリンズ氏の方法は、現状、最も再現性の高い、資産運用の最適解の一つだと思う。

氏の方法が優れている点。

それは、

特別な才能がなくても、

親からの遺産がなくても、

高給取りでなくても、

自分で事業を起こさなくても、

米国、そして日本のように賃金が世界的に見て高水準で、

資産運用に関する法整備や環境が整っている国の賃金労働者なら、

誰でも再現できるかも、と思わせてくれることだ。

FIREやセミリタイアに興味がある人、目指している人は、

実際に経済的自立を果たし早期リタイアしているコリンズ氏の、

お金だけではなく、人生にたいする考え方を学ぶためにも、一読する価値はあると思う。

コメント

タイトルとURLをコピーしました