【恐怖】弟宛に、東京から怪しげな封筒が届いた話

こんにちは、かずしいです。

私には、実家から離れたところに、彼女さんと同棲している弟がいます。

そんな弟宛の封筒が、先日我が家に届きました。

何故か親展の茶封筒で、差出人の住所は東京で、会社や組織の名前はなく、個人名のみ。

すごく怪しい・・・

弟に問い合わせると、こんな返答が↓

ラインでは埒が明かないので、電話で問い合わせてみましたが、

「取りに行くから、開けない置いておいて」

の一点張りでした。

ますます怪しい・・・

闇金から借金したり、詐欺に引っかかっているのでは?

と心配になりました。

弟は人間的にはイイヤツなのですが、子供の頃からお金の管理が大雑把。

過去にクレカのリボ払いをしてたり(これは今はしてるかも)、

無職のときに住民税や自動車税滞納していたりしたので、お金に関しては、信用度ゼロなのです(笑)

本人は口を割らなくても、それは現代、情報化社会。

差出人の住所をネット検索してみると・・・

任意整理専門の弁護士事務所でした(゚∀゚)

差出人にあった個人名は、そこの代表弁護士さんであることが、HPからわかりました。

差出人が判明したので、これ以上は弟には何も聞かずに、弟の現住所へ封筒を郵送してあげました。

優しい姉で、良かったね(感謝せいよ)

同棲中の彼女さんが結婚を希望しているそうなので、弟も借金をどうにかしなくてはと思って行動してるのかもしれません。

ひとまず、闇金や詐欺関係ではなさそうで、良かったです。

しかし弟が関係することだと、ヒヤッとしたり、ドキッとすることがほとんど。

オレオレ詐欺で、詐欺師が息子や男の孫を成りすますのにも納得がいきます。

次に弟から連絡が来るときは、嬉しい知らせだと祈るばかりです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました