【怪奇】生活がキツイと言いながら、年金月13万円で月3万円民間保険に加入している80歳代女性。

こんにちは、かずしいです。

先日、テレビのワイドショーで、「年金だけでは生活がキツイ」という特集をしていた。

詳しくは覚えていないのだが、数人の年金生活者を取材し、家計費の割合や生活状況を見るという内容だった。

その中で、ある80代女性のことが印象に残った。

彼女は80代、自宅(築50年、ローン支払い済み)に一人暮らし。

55歳まで保育士をしていたそうで、年金が月13万円。

古屋の修繕費などもあり、年金月13万円と同年代の女性に比べれば年金受給額があるが、生活に余裕がない、とのことだった。

月の生活費の内訳が、一覧で表示されたのだが、その中で、民間保険(斎場への葬儀費用への積立も含めて)に3万円くらい使っていた。

80代で一人暮らしなのに、民間保険いる??

と、頭の中が疑問符でいっぱいになった。しかも3万円といったら、月の生活費の23%も保険料が占めている。

80代で年金月13万円なら、医療費は1割負担だろうし、民間保険に入る意味がない。

葬儀費用だって、積立ではなく、現金で用意しておけばいいだろう。

月3万円も民間保険料を支払っていながら、「年金だけじゃ生活がキツイ!」と言われても・・・・。

私としては、

まず、必要がないその保険、解約したら?

と言わざると得ない。

本当に、日本人(特に高齢者)って、保険が好きだな。

国民皆保険制度なのに、なぜわざわざ割高かつ補償範囲が狭い民間保険に入りたがるんだろう?

ちなみに、その番組では、民間保険に入りすぎているというツッコミは一切なかった。

スポンサーに保険会社がいるのかもしれない(笑)

それに加えて気になったのが、その80歳代女性、携帯料金に月7,000円も払っているところ。

おそらくだが、大手キャリアのプランに言われるがままのプランに入っているのだろう。

携帯代だって、格安SIMにすれば、月2,000円台になる。楽天モバイルなら、使用量が月1GB までなら、月額0円だ。

この80歳代女性、保険を解約して携帯のキャリアやプランを見直せば、月4万円近く浮くことになる。

その分、趣味に使ったり、美味しいものを食べたりした方が、ずっと効用が高いと思う。

でも、80歳代になると、保険の必要性について再考したり、携帯キャリアを検討することを、自発的に行うのは難しいのかもしれない。

せめて、近くに教えてくれる人がいれば別なのだろうが、他人事ながら残念だ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました