【小麦粉断ちして2年】花粉症がほぼ出なくなりました

注意:あくまで個人の体験であること踏まえてお読みください。

こんにちは、かずしいです。

私は以前は花粉症持ちで、春先から鼻詰まりや目のかゆみといった症状に悩まされていました。

しかし、世界的なテニス・プレーヤーのノバク・ジョコビッチの著作でグルテン不耐症について知り、小麦粉製品を控えるようになりました。

関連記事:【小麦粉断ちして1年半】グルテンフリーで花粉症から解放されたこと。

小麦粉断ちをするようになって2回目の春がやってきましたが、今年も今の所、目立った花粉症の症状は出ていません。

晴れて暖かい日は、朝に少しくしゃみがでることがありますが、それくらいです。

小麦粉断ちとは言っても、私の場合はセリアック病ではないので、完全に小麦粉を摂らない食生活をしてる訳ではありません。

味噌や醤油などの調味料は、小麦粉が原材料に入っているものを使っています。

食事が楽しくなくなるので、天ぷらや揚げ物を食べる時に、衣を剥がすこともありません。

小麦粉を使ったパンやお菓子、麺類も、時々食べます。(週1回くらい)

しかし、自炊の際は小麦粉を米粉で代用する、日常的なパン食、麺食をしないなど、できる範囲で小麦粉を控えるようにしています。

小麦粉断ち、というより、小麦粉を控えている、といった方が正しいかもしれません。

しかし小麦粉を控えるようになる前は、毎日朝食はパンでしたし、昼食にうどんやラーメンを頻回に食べていましたので、その頃に比べれば、摂取する小麦粉の量はかなり少なくなっていると思います。

あくまで私個人の感覚ですが、小麦粉製品を控えるようになってから、明らかに花粉症の症状が楽になり、ほとんど感じなくなりました。

小麦粉に含まれるグルテンが、特に免疫の要である腸にダメージを与えることは、近年多くの研究で報告されています。

腸がダメージを受けると、異物や病原菌が免疫をすり抜けて体内に侵入するリスクが上がりますから、花粉症にも無関係ではありません。

小麦粉だけが花粉症の原因だとは思いませんが、もしかつての私のように花粉症で悩んでいる方がいれば、試しに小麦粉を食べるのをやめてみる価値があるかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました