【同窓会には一度も行ったことがありません】看護学校の同窓会の会則変更について、往復はがきが届きました。

こんにちは、かずしいです。

先日、往復はがきが届きました。

私が通っていた看護学校の同窓会の会則を変更したいので、はがきで書面決議をとるためだそうです。

往復はがきって、久しぶりに見ました。

それにしても、同窓会って、みなさん行かれますか?

私は、一度も行ったことはありません。

学生のときの同級生って、ほとんど記憶にないです。

同窓会に行く人達って、今更学生時代の同級生に会って、何を話してるのか、素朴に疑問に思います。

同級生は、学校という限られた組織に属している間だけの人間関係なので、(会社やその他の組織でも同じかもしれませんが)、そこに所属しなくなれば、その後付き合う必要もないと思います。

昔の同級生とか、同僚とか、今更会っても多分顔も名前も覚えていないので(相手もそうだと思いますが)行っても戸惑うだけです、間違いなく。

ぼっちの弊害です(笑)

私にとっては、昔の同級生や職場関係の人より、今の付き合いのある人の方が大切です。

小学校の頃の親友より、今良く行くスーパーの店員さんの方が、意味のある人間関係だと思います。

例え仲が良かった人や、良い思い出がある人とも、今の生活に関わりがない以上、特別会いたいとも思いません。もう、お互い別々の生き方をしている訳ですし、接点がないですから。

思い出は大切ですけど、今更会っても仕方がありません。

人間関係は日々更新されていくもの。

ものと同じで、必要なくなったのに後生大事にしていても、重荷になるだけです。

コメント

  1. ふるる より:

    はじめまして。
    私も今月上旬からリタイア生活しています、いつも楽しみにブログを拝見させて頂いております。
    以前は医療法人で人事や経理関係をしてました、よく看護師さんにも怒られていたヘッポコ事務オバサンです。

    私も人間関係は列車から眺める景色のように流れ行くものだと感じています。
    その前に同窓会の誘いすら受けた事無いですが(苦笑)。
    今日のブログは特に共感を覚えたので、ついコメントしてしまいました。

    • かずしい かずしい より:

      はじめまして、コメントいただきありがとうございます。
      また、リタイア生活開始、おめでとうございます!

      医療法人にお勤めだったそうですが、私が勤めていた病院でも、事務員さんに妙に居丈高な看護師って、数は少なかったですがまだ存在してました。
      何か勘違いしていたのでしょうが、私から見ても恥ずかしかったです。

      人間の悩みの大半は、人間関係と言います。
      私も煩わしい人間関係は、ふるるさんのおっしゃるように電車から眺める景色と思ってスルーし、今の生活を楽しみたいと思います。
      ふるるさんも、リタイア生活、存分に楽しんでください。

タイトルとURLをコピーしました