【勘違いしていた!】4%ルールでは、毎年引き出すタイミングは合わせることが前提。

こんにちは、かずしいです。

私は、2021年1月いっぱいで仕事を辞め、2月から資産1,000万円で貧乏セミリタイア中。

1月〜4月までは、貯金で生活費を賄っていた。

そのため、4%ルールに基き、資産の4%を売却したのが、4月だった。

今年は、8ヶ月分の生活費を売却分で賄えばいいから、余裕があるかも、

などと考えていたが・・・・。

それは大きな勘違いだった。

4%ルールの検証の前提として、

引き出すタイミングは任意で良いが、毎年のタイミングは合わせる必要がある

からだ。

例えば、去年は1月に引き出したが、今年は7月に引き出し、来年は3月に引き出す、

などと毎年の引き出しタイミングをずらすのは、前提が崩れるのでダメ。

初めに7月に引き出すと決めたら、その後も毎年7月に引き出すようにする必要あり。

それなのに私は、1月から12月の間なら、いつでも1回引き下ろしていいと思っていた。

(金融リテラシーが低いと、稀にこういう失敗をする)

まあ、やっちまったものは仕方がない。

今の内に気づけて良かった。

私は初回を4月に引き出したので、来年も4月に売却するのがルールに即している。

となると、後10ヶ月、今年引き落とした分で生活する必要があるわけで。

現在、手持ちの現金は約53万円。

月の生活費を3万5千とすると

53−3.5✕10=18

なので、計算上は、18万円余剰があるが・・・。

今年は車検なので、車検と任意保険更新で、それはほぼ消えるだろう。

そうなると、来年4月には、現金が枯渇する。

現金がなければ、2022年が下落相場でも、生活費のために資産を引き出す必要がある。

下落相場で資産を引き出すという、4%ルールの失敗パターンにハマることに。

いきなり、詰んでしまう!

我ながら、綱渡りすぎる(笑)

まあ、予定は未定だ。

いざとなったら(嫌だけど)また働けばいい。

2022年は、コロナを克服した米国が、業績相場で好景気、上昇相場になってくれることを期待しつつ、

ダメだったときは、またパートの仕事を探しますかー。

まあ、これから暑くなるので、今はとてもじゃないが働く気がしない。

危機を承知で、今はぐだぐだ無職ライフを満喫したい。

危機は、来年の私がどうにかしてくれるはず。

コメント

タイトルとURLをコピーしました