【入れ歯40万円か、定期検診133回か】虫歯でなくても、歯科医院には定期的に通おう

こんにちは、かずしいです。

昨年、60代の父が保険適応外の部分入れ歯(上下)を作りました。

お値段は、総額で40万円ほどだったそうです。

その入れ歯をはめてから、咀嚼だけでなく滑舌も良くなり、以前より若々しくなったのを見て、歯や口の状態って大切だなと、改めて思いました。

私は、虫歯などのトラブルがなくても、1年に6回くらいは、歯科医院に定期検診、クリーニング目的で通院しています。

その際、大体一回3000円ほど自己負担でかかります。

父の入れ歯代40万円あれば、40万円÷3000円で、約133回分の診療費になります。

(インフレや、虫歯になった際などの治療費を考慮しなかった場合)

1年に6回通院したとして、11年間通院できる計算になります。

しかも、それで自分の歯を残すことができるのであれば、自分の歯を失って入れ歯を作りより、ずっとコスパが良いと思います。

歯は、虫歯になると自然治癒はありませんし、失えば返ってきませんから、予防が重要です。

歯に限らず、どんな病気でも、罹ってから治療するより、予防する方が遥かに簡単かつ低コストです。

私のような低所得者こそ、慢性疾患にできるだけかからないように、生活習慣に気をつえ、予防に務める必要があると思います。

1年以上歯科に罹っていない方がいれば、まずはこの機会に、検診を受けることをおすすめします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました