【今の非常識は未来の常識】『隷属なき道 AIとの競争に勝つ ベーシックインカムと一日三時間労働』ルトガー・ブレイグマン

こんにちは、かずしいです。

『隷属なき道 AIとの競争に勝つ ベーシックインカムと一日三時間労働』ルトガー・ブレイグマン著(文藝春秋、2017)

を読んだ。

著者であるルトガー・ブラグマンさんは、1988年、オランダ出身の歴史家、ジャーナリスト。

わたしとは同年代ということ以外接点のない、若手知的エリートの学者さんだが、著作の内のアイディアは共感できるところが多かった。

というか、わたしが現代の社会や労働に対して、うまく説明できない、でもなんか違うんじゃない?おかしくない?と思っていたことについて、歴史やデータを元に、ズバッと言語化してくれた、という感じ。

著者は、これから人類が、現在の貧困や労働問題、経済格差などを克服するために、目指すユートピアとして、

・ベーシックインカムの実施

・一日三時間労働

・国境の開放

の三つを掲げている。

これだけ聞くと、いやー無理無理!そんなの実現できるわけないよ!

と思う人が大半かもしれない。

しかし、例えばベーシックインタム実現を例に取ってみても、実現すれば、現行のコストが高くて効果が少なく、必要とする人が利用しにくい、かつ受給者のプライバシーと自尊心を踏みにじる、生活保護や母子保証手当などの福祉をすべて廃止できる、という著者の意見には、現行の福祉制度に限界を感じている身には、非常に説得力があり、魅力がある。

わたしも昨年失業して雇用保険を受給していていた経験から感じたのだが、今の福祉制度って、利用するためには、

「私は、お金がなく、無能で、病気で、無職で、配偶者には暴力を振るわれていて、親には虐待されていて、助けてくれる人は誰もいません!」

ということを、申請時に、その後も制度を利用し続ける限り何度も、自分で証明しなければならない。

これほど屈辱的なことはあるだろうか。

もちろん、生活保護も母子手当も、困窮した人を助けるために善意から成立したものだ。

税金を使う以上、厳正な審査は必要という意見にも一理ある。

でも、それに見合う効果があるのか、本当に困窮している人達に効果的に使用されているのかは、大きな疑問が残る。

もしくは、税金使ってるんだから、その屈辱を甘んじて受けろということだろうか?

・・・・・・地獄かな?

また、今の福祉制度は、金を支給する場合、失業のため、病気のため、子供ため、というように、使いみちが支給する側によって決められている。

しかし、ベーシックインカムなら、支給に条件はなく、使い道も一切管理されないので、受給者は自分に本当に必要なことに、必要なときに使用することができる。

そんなことしたら、貧乏人はギャンブルとか酒に浪費するだろ!という声が聞こえてきそうだ。

しかし、本書で引用されている研究や事例を読めば、それは偏見にすぎないことがわかるだろう。

また、自分自身に当てはめてみればわかることだが、自分に必要なものは自分が一番良く知っているのだ。

ブレイグマンさんは、本著のアイデアを行動に移そうとする人に対して、こんなアドバイスをしている。

 図太くなることだ。人が語る常識に流されてはいけない。世界を変えたいのであれば、わたしたちは非現実的で、無分別で、とんでもない存在になる必要がある。思い出そう。かつて、奴隷制度の廃止、女性の選挙権、同性婚の容認を求めた人々が狂人と見なされたことを。だがそれは、彼らが正しかったことを歴史が証明するまでの話だった。

(同書、269〜270頁)

今の非常識は、未来には常識となっているかもしれない。

それが、今虐げられている人々の幸福を願うゆえの非常識なら、尚更のこと。

コメント

タイトルとURLをコピーしました