【モノの新陳代謝】生きている限り不用品は出続けるので、片付けは毎日行う必要がある

こんにちは、かずしいです。

数年前から、「断捨離」を定期的に行っています。

今年は、ゴールデンウィークに不要な家具を解体し、丸ノコをレンタルしてきて裁断して、粗大ごみとして処分しました。

最近は、

もう使わないけれど、デザインは好きなので取って置いた服やカバン

若い頃はよく着けていたけれど、年をとって似合わなくなったアクセサリー

などを、メルカリに出品しました。

片付けの合間のコーヒーブレイク

幸い、全て買い手がつきました。

手残りは少額ですが、欲しい方に譲ることできて、良かったです。

不用品がお金になることに加えて、自分にとってはもう役目が終わったモノでも、他の人に役立つことが嬉しいです。

生きていくことは、肉体も精神も環境も、すべてが変化していくことですから、以前は必要だったモノでも、時の経過と共に不必要になるのは当たり前です。

身体の細胞が新陳代謝を繰り返しているように、所有するモノにも新陳代謝が必要なのだと思います。

身体の新陳代謝は意識しなくても起こりますが、モノは自分で片付けなければなくなりません。

ですから、生きている限りは、食事や歯磨きと同様に、片付けも毎日行おうと思っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました