【セミリタイア2年目】令和4年度(2022年) 国民健康保険料の通知書が届きました

こんにちは、かずしいです。

先日、令和4年度の国民健康保険料の通知書が届きました。

今年度は住民税非課税世帯となったので、国民健康保険料は、7割減となりました。

保険料は、年15,800円

昨年は年110,800円だったので、今年は昨年の約1/7です。

私のような低所得者にとって、この差は大きい。

これで、今年はとうとう、

・住民税、所得税非課税

・国民健康保険保険料 7割減免

という、セミリタイア者の課題(と私が思っているだけですが)をクリアできました。

後は、まだ結果は届いていませんが、国民年金保険料の免除申請が、全額免除で通れば完璧です。

年金保険料が全額免除なら、今年セミリタイア2年目の社会保険料は、15,800円となる予定です。

セミリタイア1年である昨年令和3年度の社会保険料は、

住民税55,600円

国民年金保険料98,860円

国民健康保険料110,800円

で、合計265,260円でした。

セミリタイア1年目と2年目の社会保険料の差は、実に249,460円になります。

時給1,000円として(私の住む県は、最低時給が1,000円以下ですが)、約250時間分の賃金に相当します。

1日8時間労働としても、31日分の給料です (ひぇー)

やっぱり、私のような低所得者は、税金を考慮していくら稼ぐか考えた方が良いかもしれません。

中途半端に稼いでも、税金でもっていかれてしまいます。

逆に、税金負担が大きいと分かっていても、低賃金で長時間働かないと生活が成り立たない人は、本当に生活に余裕がないだろうな、と思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました