【コインチェック復旧に半日を要す】ビットコイン、過去最高価格を更新、1BTC=600万円超

こんにちは、かずしいです。

わたしは、2020年8月に、当時の時価20万円分程度のビットコインを購入した。

関連記事:ビットコインを買ってみた

その後、購入額分を利確し、残り0.05875BTCは保有し続けている。

最近、米テスラ社がビットコインを購入したことで、価格が急騰。

2月19日には、時価総額が1兆ドルを突破。

20日には、1BTC600万円を突破し、過去最高価格を更新した。

とはいえ、元々ボラタリティが高いので、いつ暴落するともしれないけど。

でも、わたしは、今後更に高騰することに賭けて、このままホールドするつもり。

ところで、わたしはビットコインをコインチェックで購入し、保有している。

そのコインチェクが、19日の23時頃からシステム障害でログインできない状態となった。

20日の11時前ぐらいには、復旧したみたい。

今回のトラブルは、

米アマゾン・ウェブ・サービス(Amazon Web Services、AWS)が提供するクラウドサービスで発生したシステム障害が原因とのこと。

東京リージョンのアベイラビリティーゾーン内にある冷却システムが電力喪失したらしい。

アベイラビリティゾーンてなんぞや?と思って、調べたが、AWSの各リージョンに存在するデータセンター、とのこと。

リージョンってなんぞや? とry 、データセンターが存在する独立した地域、とのこと。

つまり、

コインチェックが借用している、東京にあるデータセンターのコンピュータの冷却システムの電力が喪失したことで、コンピュータが正常に動かなくなって、コインチェクのサービスが落ちた。

という理解でいいのか??

情弱なので、たったこれだけ理解するだけでも大変だ。

今回のメンテ、結局ほぼ半日かかったことになる。

これだけ復旧にかかると、売買したかった人にとっては、機会損失になってしまっただろう

わたしは短期で売買はしないが、人によっては今回のような事態のために、いくつが販売業者をの口座を持っていたほうが、リスクヘッジになるんだろうな。

コメント

タイトルとURLをコピーしました